転職エージェントを途中でやめて転職しないのも全然アリ

初めて転職エージェントに登録する人は勝手がよくわからず、

  • 一度登録すると内定が出るまで続けないといけないのか?
  • 途中で辞めることはできるのか?
  • 辞める時に何か言われないか?

など二の足を踏んでしまう方がいますが、こういう心配は全くいりません。転職エージェントは登録後に自分に必要ないと思ったのなら利用を辞めれば良いですし、それで何かを言われることもないです。

登録後も気に入らなければ利用を即中断すれば良いので、気になるエージェントがある方は積極的に利用を始めてみましょう。

 

転職エージェントは登録後、途中でやめる人も多い

そもそも転職エージェントは

  • 一度登録すると絶対に転職しないといけない
  • 紹介された求人に応募しないと行けない

といったルールはありませんし、相談だけでも、求人の紹介だけ受けて途中でやめることも、求職者の自由です。

求人を紹介する転職エージェントは、物件を紹介する不動産屋みたいなものです。

物件を訪れた、物件を紹介された、内覧をしたからといって、必ず契約しないとダメな訳じゃないのと同じで、納得の行く求人がなければ利用を中止しても全然大丈夫。

実際に利用してみて違和感を持って途中でやめたり、別のエージェントに乗り換えたり、担当者と面談の結果、転職活動そのものを延期する人もかなりの数でいますね。

 

転職エージェントをやめる理由として多いもの

転職エージェントの利用を辞めた理由で多いのが、

  • 担当者との相性が悪い
  • 紹介された求人がイマイチ
  • 希望条件とは違う求人ばかり紹介される

といったネガティブな理由だけでなく、

  • 相談の結果、今の仕事をもう少し頑張ってみることにした
  • 転職面接でアピールできることを今の仕事で増やすことにした
  • 今の職場/仕事が他より恵まれていることに気づけた

などのポジティブな理由も多いです。

特に第二新卒や入社数ヶ月~数年のキャリアが浅い段階での転職は「今、無理に転職すべきかどうか」を物凄く悩む人が多いので、プロの意見を聞いて「もう少し考えてみます」となる人とか。

あるいは、1年目での転職はさすがにリスクが高いので、ちょうど1年目を迎える辺りに転職できるように今から準備しておくとか、転職面接でアピールできることを今の仕事で増やしておくとか、そういう理由で一時中断する人もかなりの数でいます。

ずっと同じ会社で働いてきた人も、転職に関する知識がまったくなく、一度外からの意見を聞いてみて、客観的に自分の状況、会社、職場のことを整理できた結果、転職するかしないかを考え直す人とかもいるので、途中でエージェントの利用をやめる人は全く珍しくありません。

面談後に利用をやめるときは、せめて担当者の人に一報を入れて、その旨を連絡しておきましょう。

 

相談だけでも受け入れている転職エージェントもある

リクルートエージェントなどは「転職するかどうかをまだ決めていないけど、とりあえず相談だけしたい」という人も積極的に受け入れています。

特に先ほども紹介した入社1年目の転職、第二新卒の年代では転職すべきか否かを悩む人がとにかく多いので、とりあえず転職エージェントに登録して相談してみて、利用を辞めたというケースもかなり多い。

詳しくは下記の記事で書いてますが、転職するとしたらどんな求人があるか?今転職するとなると何がリスクか?などいろんな可能性を考慮して面談をするので、最終的に「やっぱり辞めます」となるのも全く珍しくないんです。

[st-card id=20 label=” name=”]

 

転職活動をした結果、転職しないという結論に達した人も

内定が出るまで転職活動を続けて、いざ土壇場の「入社するかどうか」の瀬戸際で辞める人もいます。最終的に内定も出て、最後の年収や労働条件について詰める段階になって、やっぱり今の仕事続けるという結論に達することも珍しくありません。

配偶者や実家の両親など家族に反対されたとか、年収が下がることが分かったとか、今の仕事の方が良いのでは…とか、転職は人生でも大きい決断なのでみんな悩むんですよ。笑

だから最初っからあれこれ悩みすぎる心配はないし、最終的な決断は自分がすれば良いし、それに対して転職エージェントから批判されることはありませんからね。