ビジネス街を歩く会社員の男性

転職エージェントはすべての人に平等に力を注いでくれる訳ではありません。

ただ単純に転職エージェントを使うのではなく、ちょっとしたコツでその効果は大きく違ってきます。特に担当者の理解を得て、優先的なサポート、求人紹介を受けるには、それなりのコツが必要です。

自分が希望する転職を成功させるために、転職エージェントをどう使えば効果的なのか?何を工夫すればエージェントは自分のことを気にかけて優先してくれるのか?

この記事では、このポイントについて解説していきます。

 

転職エージェントが優先するのは「高く売れる人材」、「転職意思が強い人材」

ハッキリ言いますが、転職エージェントが優先するのは

  1. 企業に高く売れる人材
  2. 転職の可能性が高い人材

です。

そもそもエージェントは転職が成功した時の成功報酬で稼いでいる企業なので、転職が成立しなければ1円の売上にもなりません。

成功報酬は転職先の企業から転職者の年収の35%程度の手数料をエージェントに払っていますから、エージェントからすると、

  • 転職の可能性が高く
  • それも年収が高い人

の方がエージェントの稼ぎも大きくなる訳なので、この条件を満たす人が最も優先順位が高いのです。

転職エージェントの担当者も会社員なので、月間の転職件数や売上ノルマを持っています。その中で毎月、沢山の求職者を面談し、多くの求職者の担当業務を並行して行いながらノルマ達成を目指していくので、より効率的に売上を伸ばそうとすると、そりゃあ転職する可能性が高くて、さらに年収が高い人を優先しますよね。

これがエージェントを使う上での大前提。

次に、細かい部分で転職エージェントをより効果的に使う方法、担当者にとっての優先順位を上げる方法をいくつか紹介していきます。

 

転職意思の強さを面談でアピールする

まずこれ。

「自分は年収も低いし、大したキャリアもスキルもない」という人もいるでしょうが、そういう人でも「転職の意思」を強くアピールすれば、担当者の優先的順位は確実に上がります。

出来れば面談の時点で、いつまでに転職をしたいとか、転職意思が既に固いことなどをアピールするとより効果的です。

もちろん、まだ転職するかどうかを迷っている人は面談でそのことを相談すれば良いのですが、面談時点で転職意思が明確に固まっているのなら、それを積極的にアピールすべきです。

エージェントからすると

  • 今すぐ転職したい!
  • 絶対に転職させたい!
  • ◯月までに転職したい!

などと強く希望している人の方が担当者もやる気になりますから、面談でもそれを積極的にアピールしましょう、と。

 

担当者へのレスポンス(連絡の返答)は早めに

これも結構大事。

あなたの転職が上手くいくように担当者は動いてくれているのに、連絡の返信に時間がかかると相手のやる気も失せてしまいます。いや、正確に言うと「転職活動の本気度」や「やる気」を疑われてしまい、サポートの質も下がってくるということ。

連絡後、数時間~その日のうちに連絡がくるとのと、いちいち返答がくるのに2日も3日もかかってる人だと、そりゃあ前者のほうが優遇されますよね。

原始的ではあるんですけど、やっぱり「やる気」とか「転職したい」という気持ちの強さを行動で示してアピールすることが最良なんですよ。

 

どんな仕事を希望しているのか、何をやりたいのかをできるだけ明確にしておく

これもよくあるんですが、「今の会社をとにかく辞めたい」という気持ちが強すぎて、

  • どんな仕事をしたいのか
  • どんな業界の求人を探しているのか
  • 転職先でどんな仕事をしたいのか

が決まっていない人がよくいますが、どんな仕事を希望して、何をしたいのかが明確になっている人の方がエージェントはサポートしやすいです。

相談をするんだったら、せめて何を聞くか?どんなアドバイスが欲しいのか?を明確にしておきましょう。曖昧な相談では、相手も曖昧な返答しかできないからです。

もちろん、転職エージェントは相談だけでも歓迎してくれます、一緒に転職を含めていろんな可能性を探ってはもらえますが、残念ながらそういう親切な担当者に当たるとは限りません。

だから出来る範囲で、どんな仕事を希望するか、どんな転職をしたいのか?の気持ちの整理だけはしておくと良いと思います。

「今の仕事が嫌なので転職したいんですけど、やりたいことがないんです」って言われると、本気で転職する気あるのかって疑われてしまうので、これも結局、転職の本気度とかやる気にも関わってくる話です。

 

条件を狭くしすぎるのも問題!担当者の提案も柔軟に受け入れよう

ただ、条件が細かすぎるのも問題です。

例えば、現在の仕事と同じ仕事を希望するあまり「A業界のB職種のCという肩書の求人」となると、一気に選択肢が狭くなってしまいます。バランスも必要。

もともと求人が多い業界であればいいのですが、食品業界の品質管理、広報とか、そもそも求人が少ない職種を限定すると転職が難しくなりすぎるし、担当者の提案に耳を一切傾けないのも禁物。

今までのキャリアや経験を活かしたいと希望する方は多いものの、狭い範囲にこだわるのも問題。スキルや経験を限定的に捉えず、もう少し大枠で強みを捉えて、それを活かせる求人を探したり、担当者からの提案にも耳を傾ける姿勢も必要ですね。

 

自分の希望、属性に合った転職エージェントを選ぶこと

エージェント選びも結構大事。

転職エージェントにはそれぞれ特色や専門性があるので、自分の希望や経歴、属性に合った転職エージェントを選ぶこと。全く同じ人でも、Aという転職エージェントでは得意分野として優先的に扱ってもらえたが、Bというエージェントでは門前払いなんていうのはよくある話だからです。

第二新卒や既卒、フリーターなどの就職に得意なエージェントもあれば、年収が800万以上のハイキャリア向けの転職に得意なエージェントもあるし、ITやエンジニア向けのエージェント、外資系企業に得意なエージェント、20代~30代が得意なエージェント、全部を満遍なくカバーする総合型エージェント、千差万別です。

だから自分の属性に合わないエージェントに登録しても優先的には扱ってもらえないので、やはり事前に情報収集をして、自分に合いそうなところを選んで登録するのが鉄則。

このサイトでも転職エージェントの特色、希望条件に合った転職エージェントを紹介しているので、このサイトの記事はもちろん、他の情報源も活用しながら、エージェントを選んでいって下さい!