最初はみんな不安…転職エージェントの面談で聞かれること

疑問を持つサラリーマン

初めて転職エージェントに登録した人だと、最初の面談で

  • どんなことを聞かれるのか?
  • どんなことを言われるのか?

をとても不安がりますし、最初は不安になって当然です。

この記事では私の経験や知り合いの話を参考にしつつ、エージェントの面談でどんなことを聞かれたのか、どういう不安を抱えながらエージェントを利用したのか、今振り返ってみてどんな反省があるかを振り返ってみました。

 

転職エージェントの面談でよく聞かれること

最初の面談ではよく聞かれる(話し合う)代表的な事柄でいうと、

  • 転職を考えるようになったキッカケ
  • 現職の不満
  • 転職の希望条件(年収/地域/職種/仕事内容/待遇/その他)
  • 職務経験
  • 職務経歴書/履歴書の添削

こういうのがありますね。

特に「転職を考えるようになったキッカケ」は重要で、現職の何が不満で、何を解消したくて転職したいのかを聞くことで、どういう条件を重視しているのかを面談で探っていきます。

不満を述べる時は愚痴ばかりになってはいけませんので感情的にならず、冷静に事実を述べるような感じで伝えるよう意識しましょう。

たまに面談で職場や上司に対する愚痴、恨み、怨念を述べる人がいるみたいなんでw

あとは職務経歴書を見ながら、どういう部分が強みになるのか、どういう仕事をしてきたのかを具体的に聞かれたり、どういう仕事でやりがいや楽しさを感じてきたのか、そういった内面的な部分を聞く担当者もいますね。

それに対して、今の求人状況がどうなってるから、職務経歴書でもそういう部分を押していこうとか、逆にこういう部分は邪魔になるからカットしようとか。

 

転職エージェントでの実際の面談内容

私の知り合いは会社から独立後、WEB系の仕事やネットショップの運営フリーでしていましたが再就職することになり、その時のリクルートエージェントの面談を受けました。

面談では事前に作成していった職務経歴書をみてもらって、どんな仕事を今までしてたか?とか、どんな内容の仕事、どんな部署を異動して、どんな規模感の仕事だったとか、やっぱり仕事の内容面をよく聞かれたとのこと。

あと、転職先の希望条件ですね。年収、地域、その他に働き方や企業規模、仕事内容を含めてどういうことを希望するか。

で、それに対してどういう求人があるかをその場で見せてもらったり。

それに対して自分がどういう感想なのか、受けてみたいのか、どこが気になるとか、まぁ不動産屋さんで物件を紹介を受けてるようなイメージです。

面談の最中に人柄や印象もなんとなく掴めるんで、「面接は結構行けそうですね」とか「この企業は最近求人を出してきました」とか。

彼は法人相手の折衝スキル、営業経験が長くあったことから、ネットショップやWEB系の仕事の中でも特に「法人営業」、「折衝能力」を全面に押し出していきましょう、とのアドバイスを受けたと言ってましたよ。

 

何を聞かれるか?も不安だけど、自分の考えを整理しとく方が重要

どんな質問がとんで来て、どう答えればよいのか?と悩むのは面接だけで充分。エージェントとの面談の段階では、自分の考えをわかりやすく整理しておく方が大事です。

特に

  • なぜ自分が転職したいのか
  • 今の仕事/会社の何が嫌なのか
  • 転職をして何をしたいのか

この3点。

エージェントの担当者の方が実際に仰ってましたが、「転職は決めていても、次に何をやりたいか?のイメージが全くないと提案もしにくい」とのことで、確かに言われてみればその通りだなと。

「転職したい!今の仕事は◎◎が嫌で、△△という状況で、1日でも早く転職したい!でも転職先で何をしたいかは全然決まってません!」っていう状態ではエージェントをフル活用できないので、せめて転職先でどんな仕事をしたいか?はできるだけ具体的に考えておきましょう。

「営業は嫌なので事務系がいい」というザックリした希望だと、エージェントからもザックリした提案しかして貰えません。

エージェントの方も動きやすく、具体的な提案をしやすいように、出来るだけ具体的な条件を整理しておく方がよいという点は覚えて良いかも。

 

曖昧すぎる条件を出しても理想の転職は叶わない

私も以前、エージェントと電話面談したことがありますが、その時は面談が不安だったし、エージェントがどういうものか全然分かっておらず「商社で金属部品などの法人営業を1年ほどやってたのですが、可能性の有りそうな求人をお願いします」とあまりに曖昧な条件を出してしまったことがあります。

その後、求人だけ見てすぐに利用もやめてしまいました。

やっぱり相談するんだったら対面でしっかりやるべきだったし、自分の転職のためにも条件を出すんだったらもっと具体的な事柄を出すべきだったな、と今になって反省しますね。

 

最初は誰でも不安をもって転職エージェントを利用するもの

一切の不安なく転職エージェントを使う人なんて、よっぽど自分に自信があるのでしょうか。羨ましい。

まぁ大抵の人は転職エージェントそのものに馴染みがないし、どういう場所でどういう聞かれるんだろう?とか、自分の経歴をどう評価されるのかとか、希望条件を言うと高望みだと思われないか、やっぱり最初は不安ですよ。

面談で自分の経歴を低評価されたり、転職は難しいとか、厳しいコメントを言われるんじゃないかなんて思い出すと不安ですが、実際は全くそんな事はありません。

基本的に転職エージェントはあなた(求職者)の味方であり、あなたの転職を成功させるようにサポートするのが役目なので、いわばお客さんであるあなたを粗末に扱う事はありません。

 

転職エージェントは不動産屋さんみたいなもの

転職は不動産選びに似ているとよく言われますが、転職エージェントってまさに物件を紹介する不動産屋さんみたいなものです。

自分希望する物件の条件(家賃、エリア、駅チカ、間取り、周辺地域など)の細かい条件を出して、それにあう物件を紹介してもらい、内覧をして納得がいったら契約という流れですけど、転職エージェントでも全く同じことをやってます。

自分が希望する条件(年収、仕事内容、職種、地域、企業規模)を出して、それに合う求人を担当者に紹介してもらって、気に入った所の選考を受けて、面接~内定までをサポートしてもらう訳です。

そこで、どう考えても無茶な要件(渋谷の駅チカで家賃5万で3LDKのタワーマンション)なんて出したらさすがに苦言を呈されるのと同じで、転職エージェントでも35歳で未経験職種で年収1,000万!なんて普通は無理でしょう?

あるいは、「引越ししたいんですけど、どんな物件がいいですかね?今の部屋はこんな不満があって、ここが不便で…でもどんな物件が良いか自分でも全然分かりません」なんて言われても困りますしw

そういう現実離れした、全く地に足がついていないような無茶な希望を出さなれければ良いだけだし、自分は今こういう希望を持っているのですが、求人状況的にどうか?というのを面談で聞けば良いと思いますよ。

 

転職エージェントの情報を有効に使おう

自分が探してる物件(求人)が本当に見つかるかって最初は不安ですけど、実際に動き始めれば色々見えてくるものです。

自分が転職で希望する条件が世間的に理にかなってるのか、もうちょっと自信を持って欲張っても良いのか、事情に詳しいエージェントに話を聞きながら条件を微調整して、理想の転職先を見つけていけば良いと思います。

だから面談前に出来るだけ条件を具体的に、どんな求人が良いのかをイメージしとくと良いです。