◯と×をもつ会社員の女性

人によって意見は様々です。

「転職エージェントは使ったほうが良い!」と言う人もいれば、「エージェントなんて邪道!使わないほうが良い」と言う人もいます。

どっちの意見もある意味では正しくて説得力があるのですが、私は

「希望条件を叶える転職を成功させるために、使えるものは全部使って、出来ることは全部やればいい」

と思っているので、転職エージェントはどんどん使えばよいと思っています。

ただ「使わない方が良い」という意見にも説得力があるので、エージェントを使う時の注意点として紹介したいと思います。

 

転職エージェントのメリット/利用は本当に有利なのか?

自分が希望する条件を叶える転職を成功とするなら、転職エージェントを使うことで有利になることもあれば、不利になることもあります。

エージェントの良し悪しって結構運に左右される部分もあって、どんな転職条件を希望しているのか、年齢や職種、経歴によっても、自分と担当者との相性だけでエージェントの印象も180度変わってしまいます。

例えばAのエージェントでは希望する求人が少なかった、Bというエージェントでは担当者と相性が良くなかった、Cは求人数が少ないけど担当者が親身になってくれたとか、使ってみるとホントに色々あります。

ちょっと抽象的な内容になってしまうので、実際に「転職エージェントを使わないほうがいい派の意見」と「使ったほうが良い派の意見」を具体的に並べて比較してみます。

 

転職エージェントは使わない方がいい派の意見

使わないほうが良い派の意見をまとめると、「とにかく転職を急かしてくる」、「求人へ応募するよう強く言われた」という不満がとにかく多い。

もちろん全てのエージェント、担当者がこのような無理強いをする訳ではないのですが、事実、こういうゴリ押しをしてくる担当者もいます。

転職エージェントは求職者の転職を成功した時の成功報酬(企業から支払われる手数料)で儲けており、各担当者は毎月目標ノルマだって持っていますから、相談にきた人に「とりあえず転職しましょう」みたいな強めの誘導だってしてしまう。

実際にあった例では、

  • 興味のない求人にもどんどん応募するように言われる
  • 希望しない転職を無理やり押し付けられる
  • 自分のペースで転職活動が出来ない
  • とりあえず転職しましょうばかり言われる

などの不満を持つ人が多くて、「そもそもエージェントは自分たちが儲けることばかり考えていて、自分の転職のことを真剣に考えていないから信用できない」という人もいます。

 

業界知識が乏しい担当者も中にはいる

あとリクルートエージェント、マイナビエージェント、DODAなどの総合型エージェントでよくあるのは、担当者の業界知識が乏しく、提案される求人が自分とマッチングしていないケースもよく聞きます。

一応は各業界に詳しいキャリアコンサルタントがつくのですが、経験が浅い担当者だったり、まだ業界知識が薄い担当者に当たってしまう不運なケースも実際にあります。そうなると自分が希望している条件とは全く違う求人を持ってきたり、それにどんどん応募してくださいと言われてしまうんです。

そうなると、「転職エージェントを使う方が非効率」になってしまう。

確かにこれは一理あって、事実そういう担当者に当たってしまうとこのようなネガティブな印象を持つのも致し方ないのかなとも思います。

 

担当者との相性や業界知識の有無は運次第

しかし、先程も述べた通り、全てのエージェント、全ての担当者がこのようなゴリ押しをしている訳ではありません。

きちんと業界知識が豊富な担当者の方も沢山いますし、担当者が親身になって相談に乗ってくれたり、決定権を求職者側にきちんと委ねて、それを尊重してくれる担当者もいるんですよ。

「転職エージェントは使わないほうがいい派」の人って、極論を言うと運悪く、質の悪い担当者に当たってしまったんですよね。

自分と相性の良い担当者と巡り会えるかどうかは本当に運次第なので、転職エージェントに登録する際は

  • 知り合いから担当者の方を紹介してもらう
  • 複数のエージェントに登録する
  • 担当の人を変えてもらう

などの工夫をすると良いです。

知り合いから担当を紹介してもらうのが難しければ、やはり複数のエージェントに登録するのが無難な対処法かな~と思います。

 

転職エージェントは使うべき派の意見/メリット

一方、転職エージェントは使うべき派の意見ですが、

  1. 良質な求人はエージェントに多い
  2. 企業から面接のフィードバックを貰える
  3. 在職中の転職活動でサポートを受けられる
  4. わからないことを相談できる

といった分かりやすいメリットが並びます。

特に在職中の人は時間がないので、プロに任せる所は任せられて効率の良い転職活動が出来ると評判です。

最近は「正社員レベルの大人の転職活動だと、やっぱり転職エージェントを使うのが当たり前」になっていますし、逆にエージェントを使わないで転職活動をするとなると、

  • 転職サイト
  • 求人誌
  • ハローワーク

といった玉石混交の求人が混ざる所で勝負しないといけません。30歳や40歳にもなって「未経験可!」の求人は逆に信用できないでしょうし、「営業職を100人採用します」といったスキルや経験が考慮されないソルジャー(兵隊)採用もキツいはずです。

20代前半や第二新卒までならともかく、きちんとした社会人キャリアがある人、今後の生活も考慮して長く働ける環境を探している人からすると、エージェントぐらい使わないとマトモな転職先が見つかりにくいというのも事実なんですよ。

全部、最初から最後まで自分で責任持って完璧にこなせるんだったらエージェントなんて使う必要ないんですが、さすがにそうも行かない。

だから「大人の転職活動するんだったら、せめて転職エージェントぐらいは使った方が良いよ」という意見も説得力がありますし、私もこっち派の意見です。

自分の知り合いや人脈を活かして転職先を紹介してもらえそうならいいんですけど、そういう機会がないのであれば、やっぱり転職エージェントを頼るのが一番無難なのが現実だと思いますよ。

 

使えるものは積極的に使っちゃおう!もしダメならすぐに辞めればいい

転職エージェントは無料ですし、利用者にリスクはありません。

エージェントが転職活動で有効なのは事実なので、迷っている人はとりあえず使ってみて、自分で体験してみて続けるか辞めるかを選べば良いと思います。

転職エージェントはすぐに辞めることもできますし、複数に登録して気に入った所だけを残して使うのが一般的ですから!