面接を受ける若い男性と面接を行う男女の社員

第二新卒の転職面接で必ず聞かれるのが、

  1. なぜ今の会社を退職するのですか?(退職理由)
  2. なぜ転職を希望するのですか?(転職理由)

の2つです。

第二新卒は入社3年以内の転職ですから、「またすぐに辞めるのではないか」という疑いの目で見られるのも当然だし、企業側もそれを気にするのは当然ですよね。

転職者側からすると、何らかの不満があって今の会社を辞める訳ですけど、さすがに全部を本音で答える訳にはいかないし、面接官を納得させる答えをどう出すか?はみんなが悩む問題です。

ある程度は面接用に取り繕った答えを用意しなければいけませんが、ある程度のコツというか、退職理由と転職理由の考え方の基本フォーマットみたいなものがあるので、どうしてもこの質問の返答に困っているという方はぜひ参考にしてみてください。

 

第二新卒の面接で必ずある質問…それが退職理由と転職理由

そもそも企業が面接で退職理由と転職理由を必ず聞くのってなぜでしょう?

その人がまたすぐに辞めないかどうか?を心配しているというのも当然ですけど、それ以上に重要なポイントとなっているのが「その人が長く自社で活躍してくれそうかどうか?」を確認するためです。

退職理由、転職理由を聞くことで「その人が転職する理由が妥当なのか」はもちろん、

  • 人間関係で問題を起こさないか
  • 協調性をもって馴染んでくれるか
  • 仕事で成果を出してくれそうか
  • 自社でどういう将来像を描いているか
  • 前職の不満は自社で本当に解決できるのか

こういったことを確認していく訳ですね。

「上司と上手くいかず人間関係が原因で転職します」とか「労働時間が長いのに給料が安いのが不満です」とか、前職の悪口や自分勝手な理由、自分を生徒可するような理由ばかりを並べていると、

「この人を採用しても、すぐに辞めそうだな」とか「文句ばかり言う面倒くさい人になりそう」というマイナス評価を受けてしまいます。

「話を聞いていると確かに転職するのもやむを得ないし、自社ではその不満理由も解消できそうだから採用しても大丈夫そうだ」という印象を面接官に持たせることが出来れば良いんで、そこを目標に退職理由と転職理由を考えていくと良いですね。

 

退職理由と転職理由に悩んだ時の基本フォーマット

世間ではネガティブな転職理由ではなく、ポジティブな転職理由を説明するべきと言われていますけど、大半の人はネガティブな不満が原因で転職を考えているはずです。

ポジティブな転職理由なんて思いつかない…という方もいるかもしれませんが、基本フォーマットとしては

今の仕事をしているうちに◯◯をしたいと思うようになったが、今の会社ではどう頑張ってもそれが実現できず、◯◯ができる御社を志望します

という形に収めるのが最も無難です。ポイントになるのは「退職理由→転職理由→志望理由に整合性をもたせること」です。

退職理由、転職理由、志望理由が全てバラバラで整合性がないのは説得力がないので、全てに整合性を持たせて1本で繋げてしまうのが最も分かりやすいと思いますね。

例えば「個人営業の仕事はノルマがキツく自分には合わない」という理由で転職を希望する場合、

個人営業の仕事では一期一会でその時限りの付き合いになってしまい、もっと長い期間、顧客と接し労力を避ける法人営業の仕事をしたいと思うようになったのだが、自社ではそういった部署がないため、その仕事ができる御社を志望した

などですね。この話なら面接官も納得できるはずだし、何より分かりやすいですよね。

逆にマズイ例を挙げてみましょう。

例えばAさんはどれだけ頑張って成果を出しても給与や昇給に反映されない評価耐性が不満で、仕事を頑張ってないぐうたら社員の評価の方が高い点に不満を持って転職を考えたとします。

その人の転職理由が

仕事の成果が人事評価や報酬に反映されないのが退職を考えたきっかけで、頑張った成果がきちんと報酬に繋がる人事評価の体制がある会社でもっと競争し切磋琢磨しながら働きたいと思うようになり、御社を志望しました

え、御社の評価体制がどういうものか?いやー…全く調べてないです。

これではさすがにマズイですよね(笑)

全く整合性がないし、「今までの話は何だったの?」ってことになるんで企業側も「転職先でもまた新しい不満が出てすぐに辞めそう」という評価に繋がってしまいます。

だから退職理由と転職理由の質問の答えがどうしても見つからなければ、

今の仕事をしているうちに◯◯をしたいと思うようになったが、今の会社ではどう頑張ってもそれが実現できず、◯◯ができる御社を志望します

という基本フォーマットに当てはめてみて、退職理由→転職理由→志望理由に整合性が取れているかを確認すると良いです。

 

基本フォーマットの中に忍耐力と行動、成果のアピールが入っていればもっと良い

さらに、上記の基本フォーマットの中に

  • 忍耐力
  • 不満を解消するために取った行動
  • その成果

のアピールが入っているとさらに良いですね!

例えば「仕事が合わない、面白くない」というのが本音での転職理由であったとしても、

  • 合わないなりに◯年は頑張って続けた
  • 異動願いを聞き入れてもらうため、今の仕事で一定の成果を出した
  • 現状を変えるための最善の努力はしたが、それでもダメだった
  • 今の不満を解消できる見込みが完全になくなった

という状態であれば、企業側も「そこまでやったのなら転職もしょうがないな」と判断します。

仕事の成果だって大きなものではなくて構いません。

瞬間最大風速的に一時的でもこれだけ成果が出たとか、一時でも営業ノルマを◯%クリアしたとか、営業成績の順位で◯位まで行ったとか、それも上位でなくて良いので、自分の努力で◯位から◯位まで上げたとか。

「仕事が少しでも上手くいくように先輩に同行させてもらい営業スキルを盗もうとした」とか「自分なりにこういう分析をして、こういう試行錯誤をした」とか、何でもいいんです。

とにかく「今の不満を解消するために何の努力もせずに逃げたのではなく、自分なりに出来ることはやった」というアピールが出来れば良いので。

第二新卒では何らかの不満があって転職する訳ですけど、何か少しでもいいから自分なりに痕跡を残すような「勝ち逃げの転職」にしてしまうのが成功のコツです。

どんな小さな成果、行動でも良いので、「今の不満を解消するためにこういうことをやりました、でもダメでした」という一言が入るだけで、退職理由や転職理由もぐっと説得力が増しますよ。

 

1年以内の転職を希望する場合の退職理由の説明の仕方

ここまで読んでみて、入社1年未満や2年目の早い段階で転職をしようとしてる人は

自分にはそういうアピールできる行動は全く無い…

と頭を抱えている人もいるかもしれません。特に入社1年目の人は忍耐力の部分ではどう頑張ってもアピールするには限界がありますし、何より説得力がありません。

そういう場合はどう説明するか?というと、「謙虚に自分の負けを認め、同じ失敗を繰り返さないためのアピール」をするしかありません。

  1. 新卒時の就職活動の反省
  2. 今の仕事ではどう頑張っても自分は耐えられなかったこと

まずこの2点について正直に負けを認め、

過去の未熟な自分の努力が足りずにこういう事態を招いでしまったが、今の会社で失敗した原因は◯◯にあると考えており、その原因がない環境で働ける御社を志望します

といった形にするしかないでしょう。

そして同じ失敗を繰り返さないためのアピールとして、前職の会社で上手く行かなかった原因の分析と、御社にはその心配がないので頑張れる!という話を繋げるとまだマシかなと思います。

さらに「次は◯◯の仕事を志望していたので、Aの資格を取った」などの次の仕事に向けて取ってきた行動のアピールが揃えばもっとよいですね。

まだ在職中であれば、今の仕事で「今の不満を解消するためにこういうことをやりました」というアピール材料を”意図的に作ること”は出来ると思うので、転職活動を続けながら何か行動を起こして既成事実を作っておくのもオススメです。

 

退職理由や転職理由の答え方を転職エージェントに相談するのもアリ

自分一人で悩んでいても仕方がないんで、第3者のアドバイスがほしい時は転職エージェントに相談するのもアリです。

転職エージェントは転職サイトには載っていない非公開求人を紹介してくれる場所ですけど、転職活動全般のサポートも行ってくれるんで、面談時や電話にて「どう答えればよいか?」を聞けばアドバイスもくれるので。

私の時もそうだったんですが、第二新卒ではうつ病や適応障害など公には言いにくく、退職理由としては出来れば伏せるべき事柄ってありますよね。

「本当は◯◯だけど、それを言う訳にはいかない時」の退職理由や転職理由は自分ひとりで考えていても限界があるんで、そこが素直にプロの意見を聞いて参考にするのも良いと思いますよ。

どっちみち第二新卒で転職活動するんだったらエージェントは登録することになるので、登録後に行う面談時に聞いてみるとなにかアドバイスも貰えるはずなので。