分厚い資料をめくる会社員の男性

第二新卒で転職活動を始める際、どこから求人を探して応募していくかはとても重要なトピックです。

求人情報を取得できる有名な媒体というと

  • ハローワーク
  • 求人誌
  • 新聞広告
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 知人の紹介

このような所がある訳ですが、第二新卒の求人を探すときは転職エージェントをメインに、転職サイトは自分で探す場合のサブ的な使い方をするのが今のスタンダードです。

第二新卒の定義は様々ありますが、この記事では新卒で入社した会社に今なお在職中の状態で、第二新卒の転職を狙っている人を対象に、求人の具体的な探し方について説明していきます。

また第二新卒の求人探しで便利な転職サイトも紹介していますので、最後まで読んで頂ければ第二新卒の求人探しのコツは全て把握できるかと思います。

※既卒、フリーター、ニート、新卒入社からの早期離職者はこの記事の限りではなく、それぞれに合った別の求人の探し方がありますのでご注意ください。

 

第二新卒の求人の探し方

第二新卒の転職活動では

  1. 転職サイト(求人サイト)
  2. 転職エージェント

この2つを使い分けて求人を探します。

転職サイトとは求人情報が掲載されている求人サイトのことで、第二新卒で有名なのはリクナビNEXT、マイナビ転職、en転職、type転職です。

転職エージェントとは求職者と面談を行い、その人に合ったピンポイントの非公開求人を直に紹介してくれ、履歴書や職務経歴書の添削、志望動機のアドバイス、企業との面接日の調整などのサポートを行ってくれます。

第二新卒で有名なエージェントはリクルートエージェント、マイナビエージェント、DODA(デューダ)です。

第二新卒では転職サイトと転職エージェントを使って求人を探していくのですが、今の時代は転職エージェントの方をメインに使うのが一般的です。

 

第二新卒の求人を探す時は転職エージェントからの紹介を最優先に

第二新卒では、転職エージェントからの紹介求人をメインに転職活動を進めていきます。

なぜ転職エージェントで求人を探すのが当たり前なのかと言うと、

  1. 他の媒体よりも質の高い求人が多い
  2. 自分の経歴やスキル、希望に合致するピンポイントの求人を紹介してくれる
  3. 他では掲載されていない非公開求人を保有している
  4. 求職者は最初から最後まで無料で利用できる

という分かりやすいメリットがあるからです。

単純に自分で探すより、条件の良い、自分にマッチした求人を見つけやすいんですよ。

さらに転職エージェントを使うと

  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 志望動機や退職理由などのアドバイス
  • 企業ごとの採用傾向や採用背景のアドバイス
  • 面接の日程調整
  • 内定後に年収交渉

などのサポートを受けることが出来るので、転職活動に不慣れな第二新卒の人は率先して転職エージェントを使うようになった訳です。

それに第二新卒の転職って「転職活動が初めてだからやり方がよく分からない」し「どうやって魅力的な履歴書や職務経歴書を作るのかさっぱり分からない」状態だと思うんですよ。

でも転職エージェントはそういう事情にも慣れっこだから、書類の添削はもちろん、限られたスキルや経験の中から「どういう部分を全面に押し出して売り込と良いか」っていうコツも丁寧に教えてくれますから、色んな問題も一挙に解决できます。

第二新卒と言えど「大人の正社員レベルの転職活動ではエージェントぐらいは使わないとダメ」というのが今の常識ですから、転職活動を始めるときは必ずエージェントに登録するようにしてくださいね。

 

第二新卒では転職サイトはサブ的に使うもの

転職サイトは、エージェントからの紹介求人だけでは満足できなかった時のあくまでサブ要員として利用するのが第二新卒の常識です。

転職サイトにも魅力的な求人は掲載されてますが、基本的に「大量採用+人材の回転が普通より早い仕事の求人」が中心なので、第二新卒の転職ならエージェントをメインに使う方がやっぱり良いだろうと思います。

サブ的に使うとしたら最大手のリクナビNEXTだけで充分なので、もし転職サイトを利用するならここで良いでしょう。

リクナビネクストの第二新卒特集

リクナビNEXT

人生をかけた第二新卒の転職でエージェントすら使わないなんて意味が分からないし、転職サイトだけで求人を探そうなんぞ自爆行為です。

第二新卒で転職を目指すのに転職サイトばっかり登録しても意味ないんで、ちゃんとした転職先を見つけたい人は転職エージェントぐらいは、きちんと登録しましょうね!

 

第二新卒で使う転職エージェントについて

では第二新卒でどこの転職エージェントを使うと良いのか?というと、結論としては

のどれか、もしくは全部に登録して下さい。

第二新卒の求人探しではこの3つのエージェントで大抵は事足りますし、サポートの質も良いので間違いはありません。

紹介元は一つに絞るより複数にした方がより多くの求人情報を集められるので、エージェントも複数登録して並行して利用します。

この中でも特に優先順位が高いのがリクルートエージェントです。

ここは紹介してくれる求人数が他より多いので、第二新卒の求人がどんなものかを把握する意味でもまずココから利用してみると良いと思います。

リクルートエージェント<公式>

 

第二新卒の転職活動なら最初に利用したいリクルートエージェント

リクルートエージェントのウェブサイトのスクリーンショット

第二新卒の求人を探す時にまず利用したいのがリクルートエージェントです。

なぜリクルートエージェントを最初に利用した方がいいのか?というと

  • 単純に保有してる第二新卒の求人が他より多い
  • 最初に一定数以上の求人情報を確保できる

というメリットがあるから。まずは幅広く手駒(求人情報)を揃えるのに適しているのがリクルートエージェントですよ、ということ。

第二新卒の転職活動を始める時って「勤続年数も短いし、職歴やスキルに自信がない自分でも応募できるマトモな会社の求人ってあるのかな…」っていう不安があると思うので、

まずはリクルートエージェントで大量の求人を見せてもらって、「自分でも応募できる会社が沢山あるんだな」ってことを自分の目で確認し、

その後に「今の自分にはどういう会社に可能性がありそうか、どういう方向性(職種や業界、アピールポイント)で転職活動を進めるか」を担当者と一緒に探っていく方が、その後の転職活動も明らかに進めやすいです。

初めてで不慣れなことも多い転職活動なのに、第二新卒でいきなり自分にピッタリなドンピシャ求人だけに応募しようったって上手くいくはずがありません。

だから第二新卒で転職を成功させるためには、

  1. 求人数をます最初に確保して、
  2. その中から時分の方向性を探りながら選別し
  3. 企業選びの軸を明確にし、
  4. それに従って志望動機などを作っていく

という手順で進めるのが大失敗を避ける最も有効かつ、実績がある方法だろうと思います。

で、このやり方で進めるんだったら最初に一定数以上で第二新卒求人を確保できるリクルートエージェントが適しているよっていう訳です。

リクルートエージェント<公式>

 

第二新卒は転職エージェントからの紹介求人をメインに応募していく

このように、第二新卒の転職活動ではエージェントからの紹介求人をメインに応募していくのが基本です。

在職中であれば転職活動に使える時間も少ないので、効率的に進めるためにもエージェントの利用は欠かせません。

これから求人探す予定の方はリクルートエージェントなどの第二新卒に実績のある転職エージェントを利用して、求人を紹介してもらい、転職活動を進めていって下さい!

リクルートエージェント<公式>