スーツを来た若い男性と女性の第二新卒者3人

第二新卒は一般的に「入社3年以内の転職希望者で、即戦力よりも将来性を重視したポテンシャル重視の採用」という位置づけで定着しておりますが、実は国や法律によって明確に言葉の定義がなされている訳ではありません。

第二新卒というと主に入社3年以内の大卒者をイメージしますが、企業や人それぞれで高卒や専門卒も入るなど第二新卒の細かい範囲や定義って実はかなりバラバラです。

実は多くの人が「自分は第二新卒に入るのかどうか?」を非常に気にするのですが、この記事では第二新卒の役割や採用意図を確認しながら、自分が第二新卒に入るのかどうかの判別方法をご紹介したいと思います。

第二新卒と既卒などの違い、中退者が第二新卒に含まれるかどうかなどの細かい対象範囲についても掘り下げていくので、定義や年齢、学歴で第二新卒の範囲がイマイチ分からないという人は参考にしてみて下さい。

 

実は曖昧な第二新卒の定義…自分が第二新卒なのか迷った場合の考え方

Q&Aサイトを見ていると、第二新卒に関して

「私は第二新卒に含まれますか?◯◯の場合、第二新卒で応募しても構いませんか?」

みたいな第二新卒の対象範囲に関する質問がすごく多いです。

それだけ第二新卒という言葉が世間に定着した一方、その中身について正確に把握できていない人が多いということだと思うのですが、そもそも世間一般で認識されている第二新卒とは

  • 新卒で一度どこかの会社に就職している
  • 入社3年以内の人
  • 大卒者で言えば25~26歳ぐらいまでの人

という条件を満たす人だとされていますよね。じゃあ

  • 高卒の人はどうなのか?
  • 浪人や留年、院卒で入社3年で25歳より上だけどどうなのか?
  • 就業経験がない既卒の人は第二新卒に入らないのか?

などと言った「自分のケースでは第二新卒になるのかどうか?」っていう細かい疑問が沢山浮かんできます。

ただ先程も述べた通り、第二新卒には明確な定義がなく、世間的には「大卒の新卒3年以内の転職希望者」ということであるものの、実際は個人や企業によって第二新卒の範囲が異なっているのが現状です。

そんないい加減な!という気持ちもありますが、実は細かい経歴ごとに第二新卒の範囲、範囲外を選別する必要は全くありません。

なぜななら細かい年齢や学歴に関わらず、企業が第二新卒でイメージしている人材像というのは、結局のところ

入社数年以内で最低限の社会人を身に着けており、転職を希望している将来性が期待できる20代半ばぐらいまでの人

なので、高卒であろうが、専門卒であろうが、院卒であろうが、この大きい枠組みの中に自分が収まっているのであれば、第二新卒で応募しても問題ないだろうと思うからです。

そもそも企業が第二新卒者を採用したがるのは

  1. 既に社会人スキルを身に着けているため教育コストがかからない
  2. 年齢が若いため自社にも上手く順応しやすい
  3. 長期的な目線で将来性とポテンシャルを重視したい

という3つなので、この採用ニーズを満たすのが入社数年以内の20代なかばぐらいまでの人であって、年齢や学歴、入社歴がなんであろうとこの採用ニーズを満たしてくれれば細かい条件は何だって言い訳です。

だから第二新卒の細かい定義どうのこうのよりも、自分がこの採用ニーズから大きく外れていないか?の方が大事でしょ?と。

それに応募したい会社の求人情報(求める人材像や募集要項など)を見て、自分が応募条件に当てはまっているかの方が大事ですから、「第二新卒の細かい定義がどうのこうの」に振り回され過ぎる必要は全くないです。

 

大学中退や就職経験のない人は第二新卒ではなく既卒

「細かい定義に振り回される必要はない」としましたが、世間一般では

  1. 既卒
  2. 第二新卒

この2つは区別して使われることが多いので、念のため言葉の違いだけ理解しておきましょう。

第二新卒とは「どこかの会社で就業経験があり、入社3年以内の20代半ばぐらいまでの人」なので、学校を卒業後、どこかの会社に入社し就業経験がある人のことを指すことが大半。

一方、既卒者は「新卒で就職せず学校を卒業し、現在も就業経験がない人」とされているので、大学中退者や卒業後に就職をしなかったフリーター、留学、公務員受験から一般企業への就職に切り替えた人などが該当します。

例え入社数ヶ月で辞めたり、あるいは既に離職していたとしても就業経験があれば第二新卒、卒業後に就業経験がなければ既卒という言葉を使います。

※就業経験とは履歴書に記載できる職歴のことで、正社員以外にも契約社員や派遣社員での経験も含まれます。アルバイトやパートなどは就業経験には含まれません。

 

年齢制限、職歴、高卒などの学歴…何歳まで、何年目までが第二新卒なのか?

年齢は入社3年以内なので、大卒者で言えば25~26歳ぐらいまでが対象範囲ですね。

しかし、

  • 中卒
  • 高卒
  • 高専卒
  • 短大卒
  • 専門卒
  • 大学院卒
  • 留年や浪人などの経験がある人

このような方であっても、

  1. 25~26歳まで
  2. もしくは入社3年目ぐらいまで

のどちらかに収まっている(もしくは大きく外れすぎていない)、なおかつその会社の募集要項を満たしていれば第二新卒枠で応募しても特に大きな問題ないだろうと思います。

さすがに「浪人+留年+大学院卒の入社2年目の32歳で第二新卒」というと難しいでしょうが、第二新卒の採用ニーズから大きく外れ過ぎていなければ、細かい定義に振り回される必要はないと思います。

心配であれば事前に問い合わせてみるか、思い切って応募してみても大丈夫でしょう。

転職活動は図々しく行動したもの勝ちなので、こういう時は遠慮するよりまず応募っていうスタンスで良いと思いますね。

 

浪人や留年、複数回の転職を経験している人は不利か?

ちなみに、留年や浪人を経験している大卒者や院卒者の人は第二新卒では不利なのか?というと、まぁ有利とは言いにくいですよね。

ダブリが1年ぐらいならともかく、大卒で浪人+留年で2年ズレてる人(私ですw)は入社3年目になるともう27歳なので、ストレートで25歳で3年目の人に比べたら多少は年齢面も比較されるかな、と。

年齢面では決して有利ではないですが、年齢を重ねている院卒者や大卒者であっても、企業側が求める要素(ポテンシャルや入社意欲、熱意、スキルなど)があれば十分カバーできまるはずなので、100%諦めてしまう必要はないです。

年齢や過去なんて変えられませんから、今の自分で他に何がアピールできるか?年齢面をどうやってカバーできるか?などを前向きに考えたほうが生産的です。

 

まとめ

以上のように、第二新卒というと世間一般では「入社3年以内の25,6歳ぐらいまでの人」とされていますが、第二新卒の細かい定義は決まっていませんし、自分がそこに入るのかどうかも細かく気にする必要はないです。

むしろ「20代半ばぐらいまでの将来性がある人」という大きな括りで、自分が「入社3年以内」、「20代半ばまで」のどちらかに収まっているか、大きく外していなければ特に問題はないかと思います。

第二新卒の細かい定義よりも、企業ごとの募集要項をしっかり把握して応募するかどうかを決めると良いと思います!