会議室で打ち合わせをするスーツ姿の男女

第二新卒の転職で利用したい転職エージェントをご紹介します。

第二新卒とは入社3年目までの人を指しますが、この記事では「新卒入社した会社に在職中で、入社3年以内で転職活動を始めようとしている人」を対象にしています。

第二新卒と言えどその中には様々な属性の人がいて、例えば

  • 在職中の人
  • 早期離職者(既に退職済)
  • 既卒・フリーター、中退者の就職支援

などそれぞれの立場で行う転職活動や就職活動のやり方はバラバラで、使うべきエージェントも全く違います。

しかし世間ではこれら全てを「第二新卒」という言葉でまとめてしまって、「第二新卒に強い転職エージェント」などとゴチャ混ぜにして記事を書いてしまっている媒体も多いことから、この記事では在職中の方に対象を絞りました。

この記事を読んで頂ければ、今のあなたの状態からどのエージェントを優先的に使えばよいかが分かるようになってますので、ぜひ最後まで目を通してほしいと思います。

 

第二新卒のエージェント選びのポイント

そもそも第二新卒のエージェント選びの基準で大事なのが

  1. 応募価値のある求人をどれだけ持ってきれくれるか
  2. 限られたスキルと経験の中からどれだけ強みを引き出してくれるか
  3. 担当者の品の良さ、サポートの質

この3点です。

で、最初に結論を書いてしまいますと

この3つのエージェントのうちどれか、もしくは全部に登録して下さい。

転職エージェントは一つに絞らず、複数登録して並行して利用するのが普通なので全部に登録してもらっても大丈夫です。

第二新卒のエージェントなんてこの3つで大抵は事足りますし、実際これらのエージェントは第二新卒でも多くの転職実績を出しています。

なので第二新卒でエージェントを選ぶ時はこの3つの中から選んでもらえれば、大きな間違いは起きないだろうと思います。

 

他の転職エージェントはどうなのか?

この3つ以外で有名なエージェントで言うと、例えばJACリクルートメントビズリーチも大手です。

しかしここらはハイキャリア向きなので年収が高い属性、あるいは専門スキルを持った即戦力、管理職の転職で使うようなエージェントなので、第二新卒には全くの不向きです。

第二新卒専門のエージェント(例えばJAICや就職SHOP、第二新卒エージェントneo、ウズキャリ第二新卒など)は「既卒やフリーター、中退、早期離職した人向けの就職支援」の様相が強いので在職中の第二新卒転職とはまた全然違うんですよね。

だから色々探して登録してみるものの、ほとんどの人がリクルートエージェント、マイナビエージェント、DODAだけで充分だったという結論に達してますし、私もそれで良いと思います。

この3つを利用してみて満足できなかったら他のエージェントを検討すればよいので、一番最初はこの3つから選べば良いと思いますよ。

 

最優先に登録したい!リクルートエージェント

リクルートエージェントのウェブサイトのスクリーンショット

第二新卒の転職で最初に利用したいのが業界最大手のリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは過去に「25歳 101人の転職」という本を出版し、「20代のリアル転職読本」などリクルートエージェント出身の人が執筆した転職指南本が多く出版されている通り、ここは第二新卒転職の実績が豊富なエージェントです。

求人数が他よりも多く、第二新卒でも応募できる求人を山程持ってきてくれますので、最初はここ登録して手駒を揃えるのが賢いやり方かと思います。

特に第二新卒の転職活動でありがちな

  • 退職理由と転職理由の説明できない
  • 魅力的な職務経歴書が書けない
  • 自分のスキルや経歴をどうアピールすればよいか分からない

こういった第二新卒特有の悩みにもリクルートエージェントは丁寧に対処してくれます。

さすが最大手だけあって傲慢な態度を取るような担当者もいないし、品が良い柔らかい雰囲気の人が多いので、面談での相談もしやすいのが有り難いかな。

サポートの質も大きなバラツキはありません。

私の知り合いがリクルートエージェントで職務経歴書を添削して貰ったのを見せてもらったのですが、添削前と添削後だと素人目に見ても明らかに出来栄えが違ったんで、やっぱりプロは違うなぁと感心したのを今でも覚えています。

リクルートエージェントではその人の職務経験の中からその人特有の強みを引き出し、それを職務経歴書に落とし込んで、「あれもこれもじゃない、アピールポイントが明確になっている魅力的な職務経歴書」を作るのがとても上手です。

自分では気付いていない強みを引き出してくれることがあるので、スキルや経歴に自信がない第二新卒の人にとっては心強い味方になるはずですよ。

リクルートエージェント<公式>

[st-midasibox title=”関連記事” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

[/st-midasibox]

 

DODA(デューダ)

DODAのLP画像

続いて業界2位のDODA(デューダ)です。

DODAの良いところは

  • 全国の幅広い業種の求人がある
  • 転職サイトの求人検索とエージェントサービスの両方が使える
  • 全国8ヶ所に拠点がありそこで面談できる
  • 第二新卒でも大手求人がある
  • マッチング率が高い求人を紹介してくれる

という部分で、DODAはリクルートエージェントと同じく全国規模の総合型エージェントなので特徴もかなり似ています。

リクルートエージェントほどの求人数は紹介はありませんが、もう少し希望に合うようなマッチング率が高い求人を紹介してくれるのがDODAの良さかなぁと思います。

DODAはスピード感があるエージェントなので、転職まで一気に進めたい方と相性がよいように思います。

逆にちょっとイマイチだなと思うのは

  • 担当者の押しが全体的にちょっと強め
  • リクルートエージェントと求人が被りやすい
  • 担当者との相性がある

という部分で、特に一部の担当者が転職をかなり急かしてくるという話はよく聞きます。

「とりあえず転職しましょう!」みたいな勢いについていけなくて利用をやめたって人は私も実際に何度か会ったことがあります。

あとリクルートエージェントと求人が被りやすく、職種や業界によってはほとんど同じというケースも。

もちろん面談してみて「他のエージェントよりDODAが一番よかった」っていう話も聞くので、結局の所やっぱり最後は担当者との個人的な相性の良し悪しに左右されるのかなぁと思いますね。

⇒ DODAエージェントサービス<公式>

 

マイナビエージェント

マイナビエージェントのトップページ画像

マイナビエージェントは20代~30代の転職を専門にしており、第二新卒の転職でも多くの方を成功に導いた実績があるエージェントです。

マイナビエージェントの良いところは

  • 20代の転職に強い
  • 提案力があり(良い意味で)想定していないような求人も持ってきてくれる
  • 未経験の転職にも実績あり

という部分で、特に「マイナビエージェントは担当者の提案力が優れている」という感想を持つ人が多いんですよね。

例えば特定の業界の特定職種の求人だけ紹介してくるんじゃなくて、自分の強みを発揮できる別の業界や職種の紹介も積極的にしてくれる。

一見すると全く関連性のない求人で自分では全く検討もしていなかった業界なんですけど、自分のスキルを活かすことができる仕事ということで応募を決めたり、実際に転職を決めたケースもチラホラあります。

第二新卒だと今の仕事が合わないので別業種に未経験で転職したいって人も多いと思いますが、こういう「今の仕事と別業種の仕事にある共通点を見出してのアピール」ってとても有効なので、未経験転職を希望する方は利用価値があるかもしれませんね。

逆にマイナビエージェントのちょっとイマイチかなぁと思う部分は

  • 担当者に当たり外れが見られる
  • 首都圏と関西圏の求人しかない

という部分。

マイナビエージェントは首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)と、関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀など)の求人が大半を占めるため、これら以外の勤務地を希望している場合は利用価値がありません。

またマイナビエージェントは「すごく良かった」と満足する人がいる一方、「担当者がゴリゴリで、希望とは違う求人ばかり持ってくる…」といった不満を持つ人も一定数います。

感想が両極端なので、当たりの担当者を引けばラッキーですけど、ちょっと担当者のレベルにバラつきがある印象です。

ただ第二新卒を含めて20代の転職には実績があるエージェントであることは間違いないので、勤務地の問題さえクリア出来ているのであれば利用価値は充分あるように思います。

[pc]

[/pc][nopc]

[/nopc]

⇒ マイナビエージェント<公式>

 

まとめ

以上のように、第二新卒の転職で優先的に利用したいのは

の3つで、この中のどれか、もしくは全部を利用して下さい。第二新卒はこの3つで必要なことは全て事足ります。

特にリクルートエージェントを優先順を高めなので、最初に利用する場合はまずここから。首都圏と関西圏で問題なければマイナビエージェントも私はオススメしますね。

リクルートエージェント<公式>