私が以前リクルートエージェントに登録したときに不安だったのが、「自分のような人間でも、転職エージェントって使えるのかな?」ということでした。

私の場合は入社1年足らずの社会人経験しか無く、しかもすでに離職していて、さらに空白期間が3ヶ月ほどあった状態でした。

こんな経歴の人でも転職エージェントって相手にして貰えるんだろうか?と不安だったんですよね。

最終的にその不安は全くの不要だった訳ですが、転職エージェントに初めて登録する、馴染みがない人はこういう不安、心配も多いと思います。

この記事ではそういった方に向けて、転職エージェントが対象としている人/対象としていない人を整理して紹介したいと思います。

 

リクルートエージェントの転職支援サービスはどういう人が対象、対象外なの?

まずリクルートエージェントの対象ですが、

  • 社会人経験、職務経歴がある人

であれば大丈夫です。何らかの職務経験がある人は転職エージェント(リクルートエージェント)の転職支援対象です。

正社員はもちろん、契約社員、派遣社員でもOKだし、学歴だって高卒、専門卒、大卒、中卒だって職務経験があれば大丈夫。

もちろん、企業にアピールできるスキルや経験が多い経歴を持っている人の方が、紹介できる求人の数や質は上がると思いますけどね。

リクルートエージェントは総合型のエージェントなので、業種に限らず、様々な職種、地域の求人の一般転職の支援をしてもらえますよ。

 

入社数ヶ月、1年目、離職中…リクルートエージェントでも問題なし!

入社から数ヶ月、あるいはまだ1年目ぐらいの短いキャリアしかない人、もしくは離職中の人はどうでしょうか。

これも、転職支援サービスの対象範囲です。

数ヶ月~1年程度の空白期間であれば問題ないでしょうし、年齢が20代と若ければ、1年半や2年程度のブランクがあっても、社会人経験が短くても第二新卒枠できちんと対応してくれます。

ただし、離職中の人は空白期間が2~3年など数年単位と長いと、ひょっとするとお断りされる可能性があるかもしれませんね。同じブランク期間であっても、紹介してもらえた人、断られた人、様々います。

この辺りは厳密な線引がなくて、その時々の求人状況や景気の動向、求職者の年齢、希望地域、希望職種にも左右されると思います。

 

不安に思っていても、とりあえず登録すればOK

まぁ1つ確実に言えるのは、とりあえず登録してみれば良いんじゃない?ということ。

リクルートエージェントは無料で登録/利用できますので、リスクはありません。「自分が登録して大丈夫なのかなぁ…」と不安に思っていても、あまり肩肘張らず、登録だけしてみると良いと思います。

別に経歴に不安があっても、面談でバカにされたり厳しいことを言われたりするとないので。担当者に人はみな優しいですしね。

 

リクルートエージェントで断られる可能性が高い人

逆に、リクルートエージェントで転職支援を受けるのが難しい人は、「社会人経験、職務経験がない人」となりますので、

  • フリーター
  • パート
  • 新卒
  • 既卒

こういった人はリクルートエージェントは難しいですね。

もちろん、フリーターでも紹介してもらえた!という人はいますけど、割合的にはすごく少ないです。

こういった社会人経験、職務経験がない人はリクルートエージェントのような総合型の転職エージェントじゃなくて、既卒や正社員就職を専門にしたエージェントを使った方が良いです。

例えばフリーター、既卒からの正社員就職を目指す人なら同じリクルートが運営している就職Shopが有名だし、ここ以外にも

  • マイナビジョブ20’s
  • JAIC(ジェイック)
  • ハタラクティブ

とかが、丁度同じ属性の転職エージェントで有名ですね。

今は専門性のあるエージェントがどんどん出てきてるので、仮にリクルートエージェントがダメだったとしても、自分の属性や目的にあったエージェントを探して登録すれば良いと思いますよ。

 

リクルートエージェントは社会人経験のある人の一般転職が対象です

学歴、スキル、社会人年数、派遣、契約社員などの待遇に限らず、履歴書にかける職務経験を持ってる人ならリクルートエージェントの転職支援サービスの対象です。

逆に、アルバイト、フリーター、パートなど履歴書に記載できる職務経験がない人は、リクルートエージェントではなく別の専門エージェントにお願いをしましょう。

もし自分がリクルートエージェントの対象であれば堂々と登録して、面談で転職希望を述べれば大丈夫です!

自分のような人間が良いのかなぁ…なんて謙遜する必要は全くなし、どうせ無料で使えるんだし、堂々と、図々しくいきましょう!