リクルートエージェントで紹介される求人の質は、ハローワーク、転職サイト以上のものが多いものの、転職エージェントの中では「中レベル」という印象です。

そもそもリクルートエージェントは総合型エージェントといわれる、業種や年代に特化しない幅広い一般転職を扱うエージェントなので、求人の質も実に幅広いので、どうしても中間層の求人が多いんですよね。

求職者のスキルや経験、年収によって「良い求人の質」の条件も変わると思いますが、リクルートエージェントは求人数を重視しており、求職者とのマッチングにやや不安ありという感じ。

求人数が多ければ多いほど良いという訳でもないので、私がリクルートエージェントを実際に使った時の印象も踏まえて紹介したいと思います。

 

リクルートエージェントの求人の質についての印象/雑感

私が営業やWEB系の職種で使った時の印象では、年収でいうと300万~550万クラスのいわゆる中間層年齢で言うと20代~30代前半がボリュームとしては一番多かったです。

もちろん非公開求人の中には30代後半の即戦力、管理職や年収がもっと高いエグゼクティブクラスの求人もあるのですが、やはり20代前半~30歳過ぎぐらいの、転職が最も盛んになる年代に合致する求人が多いと思います。

リクルートエージェントで実際に転職が多いのはエンジニア、営業、WEB系専門職です。担当者の方いわく営業職を含め、最近は医療系も多いようです。

 

リクルートエージェントは求人数は多いが、応募したい会社があるかは別問題

リクルートエージェントはさきほどの20代前半~30歳過ぎ、年収で言うと300万~550万クラスが最大ボリュームゾーンとしているので、この範囲内の求人の数はとても多いです。

ただ求人数が多いのも良し悪しで、例えば他のエージェントでは紹介できる求人がなかったけどリクルートエージェントでは沢山紹介してもらえたっていうケースもあるし、逆に数は多いけど応募したい企業がないということもあります。

私が最初にリクルートエージェントを使った時は営業での転職希望だったんで応募したい企業はたくさんありましたが、2回目に使った時はフリーランス的な働き方が出来る柔軟な働き方ができて、なおかつ年収が600万以上の会社を希望したものの、さすはにそういう企業は少なかった(当たり前か)。

リクルートエージェントには良くも悪くも日本的な常識におさまった正社員求人が揃ってますから、新進気鋭のベンチャー企業とか価値観が柔軟な企業より、経営基盤が安定してる中堅、ないし老舗企業が多いですね。

それらの求人の質が良いと見るか、悪いとか見るかは本当に人それぞれですし、転職に求める条件や価値観によるものかなと思います。

 

リクルートエージェントの転職活動のスタイルについて

リクルートエージェントは自分が希望する条件に合致する求人をダーッと出してもらい、気になる企業にどんどん応募していくスタイルで転職活動を進めていきます。

だから求職者とのマッチングを重視するような、いわばオーダーメイド型の転職活動のスタイルじゃないんで、その点で不満をもつ求職者も一定数出てくるという訳。

だからマッチング重視でじっくり吟味したいタイプとか、転職先に求める明確な条件を満たす企業にしか転職したくない人は、「紹介された求人の数は多いけど、どれも似たような求人も多いし、応募したい企業がない」という自体になりがちです。

あと担当者の質がバラバラなので、どんな人が担当になるかの運もあるし。

担当者との面談での詳細なヒアリングをし、自分だけに合った企業を1本釣りで転職を叶えるような転職スタイルをお求めなら、まさにそういうスタイルを売りにしているJACリクルートメントのようなエージェントに登録してみるのも良いと思います。

 

リクルートエージェントでの年収600万円以上の転職について

じゃあ年収600万以上の人は求人が少ないのか?というとそうではありません。

年収600万以上の転職はハイクラス求人になるので、リクルートエージェントの中でも特に優遇する属性です。

なにせエージェントは転職が成立した時の、転職者の年収の3割り程度の手数料で稼いでいますから、エージェントとしても年収が高い人の方が儲けも大きい訳です。

実際に年収600万以上、特に英語スキルがある人の優遇を公言していますので、リクルートエージェントではボリュームが大きい属性ではマッチングよりも数を重視、年収が高い属性では数よりもマッチング重視というやり方を行っている印象ですね。

 

ハローワークの求人と比べてはどうか?

地域や職種、年齢によって様々ですが、あなたがもしエージェントを使える立場であるならエージェントを優先したほうが良いですね。

ハローワークと比べると、さすがにエージェントの方が質が良い求人が多いからです。

ハローワークでは年間休日80日で月給が17万といった求人も珍しくありませんが、少なくとも、長く働ける労働環境が整った会社はエージェントの方が多いのは間違いないです。

エージェントでは転職が決定すると数百万単位のお金を企業が負担しないといけませんし、採用意思が強い企業がエージェントには揃ってる。

でもハローワークは求人掲載が無料だし、実際のところ空求人も多いです。確かにハローワークにもいい求人、いわゆる掘り出しモノといわれる優良求人もあるんですけど、割合的にはすごく少ないんですよね。

だからハローワークはエージェントに比べて求人探しの時点で非効率になりがちなので、もしあなたがエージェントを使えるのであれば、ハローワークはサブ的に使う方が良いだろうと思います。

 

これから転職活動を始める場合

これから転職エージェントを使って転職活動を始めるのなら、とりあえずリクルートエージェントに登録してたくさんの求人を実際に見てみて、サブ的に他のエージェント、転職サイト、ハローワークを使い足していくのがよろしいかと!

実際に始めてみると見えてくることも多いので、リクルートエージェントで応募したい求人がないと感じたのであれば、別のルートから求人を探してみるとよいかと思います。