転職したいけど、お金がない時にどうするか?

今の会社で働き続けることに限界が来ていて、「もう無理だ!転職しよう!」と思ったはいいものの、貯金がない。転職活動は交通費を中心にとてもお金がかかります。

転職したくてもある程度のお金がないと出来ませんので、具体的な対処法を紹介します。

大きく分けると「お金を準備する」か「短期間で転職先を決める」しかないのですが、お金の面ではこういうことを意識してみんな転職活動をしてるよ、っていうのを掴んでもらえたらと思います。

転職したいけどお金がない時の対処法【お金を準備する】

まずお金を今から準備する場合ですけど、思いつく限り

  1. 貯金する
  2. バイトで稼ぐ
  3. 誰かに借りる
  4. 失業給付金を貰う

このどれかの方法を取るしかないですよね。実家の両親や知り合いに借りられるのならそれでも良いのですが、多くの人は貯金するか自分で稼ぐかしかないでしょう。

仕事を続けている人は給料をもらいながら貯金していくのが最も近道です。

一人暮らしとか、給与が安くて貯金ができない場合は、会社にバレない範囲で短期や深夜バイトのバイトをして、体力的にはしんどいですけど短期間で一気に貯めてしまうのも有効です。

今の仕事+バイト+転職活動の3つを同時並行で進めるのはかなり大変だし、転職活動が非効率になりがちなので、あまりオススメしません。転職活動に集中して一気に終わらせる方がメリットは大きいように思います。

離職中の人は失業給付金を貰えますが、前職で社会保険に1年以上入っていることが条件で、前職の給料の5~8割を3ヶ月間受給できます。

ただし自己都合の退職だと、受給開始が3ヶ月後で、説明会参加や求職活動実績などの条件をクリアする必要があるので、あまり当てにはしない方がいいですね。

 

仕事をやめてから転職活動ではなく、仕事しながら転職活動をするのが鉄則

今仕事を続けている状態なのなら、在職中に転職活動をするのが必須です。

辞めてから転職しようとする人もいますが、心身の健康などどうしてもやむを得ない事情を除き、今の職場は次の転職先が見つけてから辞めるのが鉄則ですよ。

ちなみに転職サイトや転職エージェントって、賞与(ボーナス)がでる6月~7月、12月~1月に登録者が倍増します。

みんな今の仕事をしながら、ある程度の金銭的余裕を持てるタイミングで転職に動き出す人が多いんですよ。

 

どれぐらいの貯金があればいいか?は人それぞれ

離職中か在職中か、都市部か遠方かによって転職活動で必要な予算は全然違います。

いざ始めてみたら1ヶ月ぐらいで数社の面接だけで転職先が見つかったという人もいるし、半年以上かかってしまったって人もいるし、それぞれでかかった費用もバラバラ。

転職活動の明確な予算はありませんが、大体転職活動は3ヶ月間を目安に行われることが多いので、3ヶ月で生活費、交通費、その他の費用を概算で計算していき、自分なりに計算して予算を割り出すと良いと思います。

 

転職活動でかかる費用の内訳

転職活動でかかる費用の大半は交通費です。都市部で転職活動をする場合は気にしなくても良いですが、地方や遠方での面接が多くなる人は新幹線や飛行機などの交通費を多めに計算しておくこと。

今はスカイマークやピーチアビエーションなどLCC航空がメジャーになってますので、飛行機や夜行バス、格安チケットを使った新幹線移動など交通費の節約を意識しながら転職活動をすることになると思います。

あと、スーツ!転職活動では身だしなみも重要なので、散髪、美容院、靴など最低限の身だしなみにもお金がかかります。離職中であれば無収入で生活費、税金(健康保険、住民税、国民年金)なども余計にかかりますから、余裕が無いとすぐに破綻します。

 

転職エージェントの積極活用を!

転職エージェントは求人紹介だけでなく、面接の日程調整を代行してくれます。企業と掛け合ってもらって、交通費の負担が減るよう、遠方でも1日(しかも土日)にまとめて筆記試験、一次面接~最終面接まで一気にこなすことも珍しくありません。

複数の企業の面接を集中させたり、あるいは面接官が都市部に出張してくるタイミングを狙って面接を設けたりと色々な工夫をしてもらえるので、転職をする時は積極的にエージェントを活用しましょう。

 

離職中の転職活動は貯金がどんどん減っていくプレッシャーとの戦い

私が以前転職活動をした時は体を壊して離職していたので、住民税が数十万一気に請求が来て、貯金がどんどん減っていくのは凄まじいストレスでした。

独身の時でこういう心理状態なので、既婚や子持ちの人が離職してしまうと、言葉では言い表せないほどのプレッシャーと戦いながらの転職活動になってしまうのは目に見えています。

既に離職してしまっている人は、すこしでも早く転職先を見つける努力が必要だし、まだ仕事を続けている人は安易に辞めないことが大切です。

一度離職してしまうと金銭的な負担が重くのしかかり、焦りの余り転職先も妥協してしまいますから(相手企業からも足元を見られて安く買い叩かれる)、やはり在職のままで転職活動をするのがオススメですね。

 

転職したいけどお金がない時の対処法【短期で転職先を見つける】

次に、短期で一気に決めてしまう方法。

もちろん思い通りに内定が得られるわけではありませんが、短期間で一気に転職先を見つけられるような工夫は出来る限りした方がいいですね。納得の行く転職先を見つけるのが最優先ですけど。

効率的な転職活動をするためにはまず転職エージェントに登録して、

  • 自分の希望条件に合う求人紹介
  • 職務経歴書/履歴書の添削
  • 自己分析やキャリアの棚卸し
  • 面接対策

をプロにお願いし、1~2ヶ月で一気に内定まで突き抜けること。転職エージェントは最初から最後まで全部無料ですし、職務経験のある人の一般転職であれば誰でも利用できます。

「いついつまでに転職を絶対に決めたい」と明確に伝えれば、担当者もモチベーションを上げてサポートしてくれるはずですから、短期集中で一気にやるのがコツです。ダラダラしてると全く決まらないし、モチベーションも続かないし、今の仕事を休み続けるのも難しいでしょうから。

求人はハローワークや転職サイトよりも質の良いものが多いですし、大人の正社員レベルの転職活動ではエージェント利用は当たり前ですから、本気で転職に動き出す時は転職エージェントを必ず使うこと!

 

まとめ

「転職したいけどお金がない」、「お金さえあればすぐに転職するのに」っていう人は多いと思いますが、何事も順序や準備が必要です。

今からお金を貯めるのも有効だし、ある程度の蓄えができたら、覚悟を決めて一気に転職先を見つけてしまうのも有効です。転職に動き出す時は、必ず今の仕事を辞める前に、在職中に次の転職先を見つけることが必須!