会社員の疑問

転職を考える時に「とりあえず3年は働くべき」とか「最低でも3年は働かないと」といったアドバイスを目にすると思うんですが、やたら「3年」という期間が出てきますよね。

これはおそらく「石の上にも三年」という言葉から来てると思うんですが、入社1年目、2年目の早い段階で転職しようと決めている人が3年働くことにも意味があるのでしょうか?

個人的には「3年働くことに意味をもたせられるかどうかは個人の考え方次第」だと思っているのですが、この「3年働くこと」に関して、入社1年で退職経験のある私が思うことを独断と偏見で自分の意見を書いていこうと思います。

 

転職すると決めていても「最低3年」も働く意味はあるのか?

3年以内の転職に関しては本当に賛否両論いろんな意見がありますよね。

3年、3年とばかり言われると、ちょっと意地悪な疑問も浮かんできます。

極端な意見ですが、例えば

  • やりたくもない仕事を惰性でやり続ける
  • 向いていないと分かってる仕事をやり続ける
  • どのみち転職するつもりでいる
  • 成長する気も真面目に仕事をする気も全くないのに居座り続ける
  • どうせ辞めるからと周囲にも迷惑をかけ続けてる
  • 仕事を指導してくれる職場や先輩がいてもいずれ転職する気でいる
  • あくまで3年という履歴書のためだけに今の会社にいる

こういう場合でも、やはり3年続けることには意味があるのでしょうか?

これは実は多くの人が疑問に思っていることで、「どうせ転職して他の会社に行くんだったら早いほうがいいんじゃないか」って誰しもが思いますよね。

でも世間では3年という期間ばかりがクローズアップされますけど、ここまで極端な場合でも3年働くことには、どんな意味があるのでしょうか。

 

3年働くことに意味を持たせられるかどうかは自分次第

私なりの答えを言いますと、「3年働くことに意味をもたせられるかどうかはその人次第」だと思っています。

自分の中で「こういう理由で3年続けたい」という理由があれば意味があるし、「世間が3年って言うので特に理由はないけど3年やってる」んだったらその3年間には何の意味もありません。

例えば嫌な仕事、自分に合わない仕事であっても

とりあえず3年は続けてみて、それでも自分に合わないと思うんだったらその時に転職も考えてみよう

とか

「転職するつもりでも、自分の中で出来る事はやりきったと思えるまで、つまり3年やってみてから転職したい」

とか

「次の仕事への転職準備のために、今の仕事を3年間頑張って、面接でアピールできる業務経験やスキルを一つでも多く身につけたい」

という気持ちがあるんだったら、3年働くことにも意味がありますよね。

他にも

  • 忍耐力がないと思われたくないからせめて3年は続けたい
  • 3年働かないと分からないこともあるだろうから続ける
  • 少しでも条件の良い転職先を見つけたいから

こういう理由で「自分なりに3年働く理由」があるんだったらその3年には重要な意味があると言えます。

しかし、

  • 自分なりに3年働く理由が見つからない
  • 3年働くことのメリットよりもデメリットが大きいと感じる
  • 3年間という期間に明確な意味を持たせられない

このような人は、3年間にこだわる必要は一切ありません。自分で望んだ会社であったとしても、自分の失敗や落ち度を謙虚に認め、そして反省し、次に活かせば良いと思います。

だから、3年働くことに意味を持たせられるかどうって自分次第だと思うんですよ。

自分なりに一生懸命考えて、「3年働くことに意味がないな」という結論が出たのであれば、世間が何を言おうと、それがあなたにとっての正解ですから。

自信を持って、転職に向かえば良いと思います。

 

「最低3年」、「とりあえず3年」に根拠について

この「3年」の根拠ってなんだろうと思うのですが、根拠なんて一切ありません。強いて言うなら「石の上にも三年」から来ているんだと思います。

あと転職に関して3年という期間は

  1. 嫌な仕事も我慢できる忍耐力
  2. 一通りの業務経験とそれに準ずるスキル

この2つが備わっているという証明になります。

それと採用担当からすれば「3年働いていれば、採用と教育にかかったコストを回収できてトントンぐらいか、ちょっと黒字が出たぐらい」と判断できますので、入社1~2年でコストが赤字になっているよりはずっと印象がよいという理由もあります。

あと同じ会社で長く働いている人からすると、「最低3年ぐらい経験してようやく見えてくることがある」と肌感覚で経験してるので、そういう人は最低3年にこだわったりしますね。

 

じゃあやっぱり3年働いた方がいいのか?

じゃあやっぱり3年は働いた方がいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、それでも私は「3年働くことに意味をもたせられるかはその人次第」という意見に変わりありません。

採用や教育コストなんて、全ての会社が新入社員に丁寧にかけてる訳じゃないし、新人教育の制度や仕組みが一切整っていない、採用後は基本的に放置っていう会社もこの世の中には沢山あります。

ブラック企業なんて労働者は搾取されてばっかりですから、じゃあそういう人は最低でも3年はどんな過酷な状況でも会社のために奴隷になって働くべきなの?っていうとそれも絶対に違うと思うし。

それに「3年働いてこそ見えてくることもある」っていう考えだって「その仕事はその人とって3年間は続けられる仕事だった」っていう前提がある訳です。

3年以内に転職をしようとしてる人は「とてもじゃないけど3年も続けられない」ぐらい仕事と相性が悪い訳で、こういう人が無理やり3年続けようとすると体を壊したり、精神を病んでしまいます。

健康を害しても、精神を病んでも、身も心もボロボロにさせてでも「やっぱり最低3年は働くべきだ」なんて到底思えない。思うとしたら異常でしょ。

だから3年働くことに意味があるかどうかなんて、結局はその人の状況次第なんですよ。3年働くことに絶対的な正解がある訳じゃありません。

3年に意味がある人もいれば無い人もいる。これで良いじゃないですか。

 

自分の中で3年働くことに目的が見いだせない場合は3年にこだわる必要なし

結論をもう一度言います。

自分の中で3年働くことに意味を見いだせるなら意味があるし、そうでなければ3年という期間にこだわる必要はありません。

一度冷静になって考えてみて、3年今の会社で働くことに自分なりに意味があると思えるんだったら精一杯頑張りましょう。

逆に3年働くことが、自分にとってデメリットが多いと感じるのであれば、3年にこだわらず転職を検討しても良いと思いますよ。

3年働くことに意味があるかないかを決めるのは、世間ではなくあなた本人です!