入社2年目で転職を考え始めることは全く珍しいことではありません。むしろ多数派です。

しかし多くの人が躊躇し、転職すべきかどうかの答えが出せないまま不毛な時間を過ごし、20代の貴重な時間を無駄にしています。

この記事では2年目で転職を考えているけど、不利じゃないか?本当に転職できるのか?など2年目の転職に関するよくある疑問に対してバシバシ答えていきたいと思います。

この記事を読んでもらえれば、少なくとも「転職すべきかどうか」の不毛な葛藤を乗り越えて、もっと具体的な行動で今の状況を打開しようという気持ちになるかと思いますよ。

 

入社2年目に転職を考え始めるのは至って普通のこと

入社2年目で転職を考え始める背景は色々あると思いますが、一言で説明するなら「今の会社で描ける将来に不安を持ち始めた」ってことですよね。

入社2年目なんで「とりあえず1年は頑張ってみたけど、今の会社で描ける将来って本来自分が望んでるものじゃない」ってことに気付いて、その違和感がどんどん大きくなってきてるから、転職がチラついてるんだと思います。

入社2年目というとひと通りの仕事の流れも掴めて、仕事内容や社風、人間関係、今の会社でのキャリア形成とか色んなことが見えてくる時期なので、自分が望んでる将来との明確なギャップが浮き彫りになってきます。

私の知り合いの話やQ&Aサイトの投稿をみていると、入社2年目で転職を考える理由で多いのは

  • 今の仕事が自分に向いていないのではないか?
  • 今の仕事は自分が望んだ仕事内容ではない
  • 今の会社、仕事に将来性がない
  • 異業種への転職を検討している
  • 今の職場環境で長くは働けない

といった仕事内容や職場環境に関するものが多く、今の仕事でこのままキャリアを形成していくことに不安を持ってる人が多いのが特徴です。

色んな理由をつけて今の会社を選んだものの、いざ入社してみると「やっぱり自分が望んでいるのは別のことだった」と気付き、軌道修正を図るために転職を考えるのがよくあるパターンかと思いますし、あなたの転職動機もそう遠くないのではないでしょうか?

結局のとこと、転職を本気で考えるようになるキッカケって

今の会社で描ける将来は、自分が全く望んでいない姿だと気付いたから

なんでね。

自分が望むキャリアは今の会社では手に入らないし、むしろ避けたいと思ってる将来に突き進んでいる不安から、みんな転職を考え始める訳です。

 

2年目での転職は早いのか?それとも転職は急ぐべきか?の葛藤

ただしこれに気付いた人が皆すぐに転職するのか?というとそうではありません。

多くの人が入社2年目で転職を希望しながら躊躇しているのは、

  • 3年以内に転職するのは不利になるかも
  • 2年目で転職するのは早いかも
  • 大したスキルもない2年目の段階で本当に転職できるのか
  • 面接でも2年目で辞めたことを聞かれて、どう答えたらいいか分からない
  • 条件の良い転職先が見つかるのか不安

このような不安があるからですよね。

でもその一方で、

  • 合わない仕事を続ける意味があるのか
  • いずれ辞めるのなら転職も早い方がいいのではないか
  • 後になって辞めるほうが職場に迷惑がかかるのではないか
  • 異業種へ転職するなら早い方がいいんじゃないか

といった葛藤もあって、「転職すべきかどうか」の意見の戦いが頭の中で繰り広げられ、悶々としままま時間だけが過ぎてしまう…。

おそらく多くの人が入社2年目で転職を考えつつも何ら具体的な行動に移せないでいるのは、こういった背景があるからだと思います。

 

入社2年目の人が第二新卒で転職を成功させる方法

転職は人生の大イベントなので慎重になりますよね。

マイナスの意見もプラスの意見もどっちも正しいのですけど、個人的には「今の会社で自分が幸せになれないと明確に分かっているのなら、早い段階で動き出すほうがメリットは大きい」と思っています。

それに「転職するかどうかの葛藤」で悩み続けるのは私は無駄だと思っていて、なぜかと言うと、

グダグダ悩んでいても何も変わらないんだし、在職中のまま転職活動をまず始めてみて、納得の行く会社から内定が出てから転職するか悩めばいい

と思ってるからです。

転職するかしないかを悩むのは、内定が出てからで良いんです。

あなたが今やるべきことは、転職するかしないかの葛藤を続けるんじゃなくて「自分が望む転職の可能性があるかどうか、在職中のまま探ってみる」ことなんです。

あくまで今の会社を続けながら、

  1. 自分が応募したいと思える求人を探してみて、
  2. もし見つかれば在職中のまま転職活動を開始して実際に応募してみて、
  3. 納得のいく企業から内定が出たらそこで初めて「転職するかどうか」を悩む

この方法でリスクは最小限に抑えられます。

いきなり会社をスパっと辞めちゃうのはリスク大ですが、今の会社に在籍しながら転職先を見つけちゃえば、入社2年目の転職リスクなんて一切ありません。

もし内定が出なかったり、満足の行く転職先が見つかりそうにないのなら転職先の条件を妥協するか、最悪の場合は今の会社に残るっていう逃げ道だってある訳だし、転職活動なんていつでも辞められますから。

自分なりに葛藤が続いて答えが出ないのなら、まずは自分が考えている転職が叶いそうなのかどうか?の情報収集から始めてみてはどうでしょうか?

 

入社2年目でも第二新卒で転職することは出来るか?

そんな簡単に転職できるの?と思われるかもしれませんが、2年目の転職であれば応募するのは第二新卒です。

第二新卒に関して現実的な意見を言いますと、「入社2年目であれば第二新卒でも多くの選択肢があるし、転職市場では許容範囲」です。

「本当は3年程度働いてからの方が転職先は見つけやすいけど、まぁ2年目であっても大丈夫」っていうのが第二新卒での共通の見方でして、特に景気がよく転職市場が活発な今であれば求人数もどんどん増えてます。

嘘だと思うのなら、試しにリクナビNEXTに登録して、第二新卒特集の求人を確認してみて下さい。

リクナビネクストの第二新卒特集

⇒ リクナビNEXT<公式>

第二新卒では実際にどんな求人が掲載されてて、どんなレベルの会社が求人を出してるのか、もし応募するとしたらどういう求人があるのか?実際に自分の目で確認した方が早いです。

求人を眺めたり、転職できそうかの情報収集をするだけならリスク0です。

転職できるのかなぁどうかなぁ…って一人でウジウジ悩むんだったら、こうやって少しずつでも具体的な情報を集めていく方が建設的でしょ?

 

面接では「2年で辞めた理由」について何と答えるのか?

「そうは言っても大したスキルもないのに面接で苦労するでしょ」とか「なんで2年で辞めたの?うちの会社でもすぐに辞めるんじゃないの?」みたいな質問されたら何て答えたらいいんだよっていう声が聞こえてきそうです。

これもハッキリ言って心配しすぎです。

そもそも即戦力スキルを求めてる企業は第二新卒には求人を出しません。

第二新卒に求人を出している会社は他の企業でミスマッチを起こした入社2~3年目の若い人を採用したい訳ですから、今の会社で自分が望む将来が描けなくなった事情を話せば大抵は理解してくれます。

入社数年以内の離職に理解がない会社が、わざわざ第二新卒に求人を出すと思いますか?

転職理由があまりにネガティブで前の会社の悪口ばかり言っていれば評価も悪くなりますけど、「今の会社では自分が望む将来が手に入らないことが明確にわかったので、軌道修正を図るための転職です」と説明すれば大丈夫!

実際に第二新卒で多くの人が入社3年以内に転職を成功させている訳ですし、自分で勝手にハードルを上げすぎる必要はありません。

大抵の人は勝手に心配しすぎです。

 

転職エージェントに相談するともっと具体的なアドバイスが貰えるよ

自分が納得の行く転職先が見つかりそうか?の情報収集をもっと本格的にやりたいなら、ぜひ転職エージェントにも登録してみて下さい。

エージェントに登録すれば

  • 転職するかどうか関しての個別アドバイスが貰える
  • 第二新卒でも応募できる非公開求人を山ほど紹介してくれる
  • 職務経歴書や履歴書の添削、面接対策も出来る

といったメリットがあり、転職サイトよりも遥かに多い、そしてあなたの将来を考える上でとても重要かつ濃い情報を引き出せます。

このまま今の仕事を続けて精神をすり減らし、無駄な時間を過ごすぐらいなら、景気が良い今のうちに色々情報を集めて動き出すほうが生産的ですよ。