会社のデスクで顔を覆いながら落ち込む男性

私も入社1年目の新入社員の時は仕事を辞めたくて辞めたくて仕方ありませんでした。

毎日毎日、

  • いつになったら辞めようか
  • どういう状況になれば辞めても仕方がないって言われる状況になれるか
  • いっそ交通事故にでも遭えば会社に行かなくて良いのに…

とか本気で考えてました。

行き帰りの電車の中でも転職サイトを見たり、同じように会社を辞めたいと思ってる人の声を検索しまくって、Yahoo知恵袋や教えてGooなどのQ&Aサイトを見まくって、同じ気持ちの人を見つけて安心するみたいな。

でもそれを続けても何の根本解決にもならなくて、「辞めたい、あぁ辞めたい、ああああ辞めたい」って思い続けるばかりで何の解決策も見つからないまま、流れに身を任せてただ耐えるだけの毎日です。

こういう時、他の人はどうやって乗り切ってるのか?どうやってこの苦しみと付き合い、解放されてるのか?世間の人はこんな苦しい思いをして働いてるの?

と次から次へと疑問が浮かびます。この記事でも、こういった入社1年目の新入社員の「辞めたい病」に侵された時の対処法などをご紹介していきます。

 

入社1年目から「仕事を辞めたい」という気持ちが離れない時

いつまでこの苦しい状況に耐えればいいのか?

学生の時は嫌なことがあっても「○○まで頑張ればいい」っていうゴールがあったけど社会人になるとゴールなんてありません。

ここまで我慢すれば終わり!っていう期限もないから、今の仕事も永遠に頑張り続けないといけない。

ゴールがあるとしたら定年…?いやいや40年後とか遠すぎるでしょって。

どうすれば今の苦しい毎日から逃れられるのか?

どうすれば会社を辞めても仕方がない状況にできるのか?

どうすればみんなが納得の上で会社を辞めさせてもらえるか?

そんなことばっかり考えてると、どんどん追い詰められてメンタル的にもやられてきますよね。

これが新入社員によくある「会社辞めたい病」です。

発症時期は4月中旬から5月の連休以降、特に6月の梅雨頃~重症をきたす人が多い。笑

 

新入社員が仕事を辞めたくて辞めたくて仕方がない時の対処法

こういう状況の時、「とにかく会社を辞めたい」って気持ちばっかり先走ってしまいますけど、ここからは現実的な話をします。

入社1年目、新入社員で今の会社が合わずどうしても辞めたいって状況から逃れるには冷静に考えるとこの3つの選択肢しかないんです。

  1. 仕事を頑張って続ける
  2. 今の仕事を辞める
  3. 転職先を見つけてから辞める

あなたが今望んでいるのは「今の苦しい毎日から開放されること」だとすれば、この中のどれかの選択肢を取って、状況を変えるしかないのです。

ウダウダ悩んでても、今から取れる選択肢はこの3つだけ。

何度でも言いますが、今の状況をなんとか変えたい、今の苦しい毎日から開放されたい!って本気で思うのなら、この中のどれかを取るしかない訳です。

で、先に結論を言っちゃいますと最もベストな解決法は「3」の「転職先を見つけてから辞める」です。

「今の会社を続ける」と「今の仕事を辞める」もそれなりにメリット、デメリットがあるので、一度冷静になってこの3つの選択肢を整理していきましょう。

今の苦しい毎日から開放されるための道筋はこの中の必ずあるし、必ず希望の光となってくれるので、まず冷静になって読み進めてください。

 

対処法①仕事を頑張って続ける

これは大きく2つの対処法があって、

  1. 今の環境のまま歯を食いしばって続けて、状況が楽になるのを待つ
  2. 異動を願い出て環境を変える

のどちらかで今のつらい状況を変えることが出来ます。

大抵の人は「もう無理、限界」って所まで追い詰められてると思うので、歯を食いしばって頑張るのは難しいかもしれません。

異動も皆がみな100%状況をプラスに変えられる訳じゃないし、そもそも異動なんで出来ない、中小企業だから異動とかないってケースもあるでしょう。

でももし異動が可能な環境で、それを相談できる環境であるなら、検討価値はあると思います。

今の仕事内容自体は好きとか、今の職場の全てが嫌だって訳じゃない場合、今の会社に残ったまま不満を解消する手立てがあるのなら、それに賭けてみるのも悪くありませんよ、と。

 

対処法②今の仕事を辞める

今のあなたにとって最も魅力的な選択肢でしょう(笑)

今の会社を辞めて、しがらみや責任からもぜーんぶ逃れて、何もかも放り投げて全部から開放されたい!

あぁなんて素晴らしい響きなんでしょう。でもこれは、あくまで最終手段です。

私は身体もメンタルも壊れて転職先を見つけないまま、先に退職してしまいましたが、療養期間も含め、その後に大変苦労しました。

先に辞めてすぐに転職先が見つかればよいのですが、新入社員で1年目のキャリアしかないとデメリットも多くちょっと博打要素が強いのが気になります。

仕事を辞めてから大学や専門学校に行くとか他になにやるか決めてる場合はいいんですけど、転職する場合は職歴に穴が空くと難しくなるので、やむを得ない場合を除いて出来れば選ばない方が良い選択肢ですね。

 

対処法③転職先を見つけてから辞める

これが現実的に一番、有効な選択肢です。

在職中のまま転職活動を初めて、内定が取れてからどうするか決めて、納得がいけば転職する。

これが今の日本では一番安全かつ低リスクで、そして賢く今の不満だらけの毎日から逃れる方法かと思います。

転職は猿の枝渡りなんて言いますが、やっぱり次を決めてから辞める方が安全だし、一番リスクを背負わずに済むやり方なのは間違いありません。

特に「入社1年目で会社を辞めると転職先が見つからない」なんてよく言われますけど、在職中のまま転職先を見つけてしまえばこのデメリットなんて一切気にしなくて良い訳だし。

 

先に辞めて、それから転職活動をするのはダメですか?

出来れば在職中のまま転職活動をする方が安全です。

「今の仕事をしながらだと転職活動の時間がない」という人もいますが、自分にあった非公開求人を紹介してくれる転職エージェントなどを使って、皆はこの問題を乗り越えています。

それにどうしても在職中のままだと時間が取れない人でも、一度在職のまま転職エージェントには相談すべきです。絶対に。

今の仕事をしながらでも転職活動を続けるコツも教えてくれるし、企業との面接の日程調整も代行してくれるから、最後の最後まで在職のまま転職先を見つける可能性は捨てるべきではありません。

それに会社を辞めたいっていうのをどう会社に言えばいいかって悩む人もいますけど、これも先に転職先を見つけていれば「転職するので辞めます」と言えば全て済むしね。

「次の転職先も決まっていて、入社日も決まっているので」と言えば相手も受け入れざるを得ないので、「辞めます」って言う時の気も楽だと思います。

 

在職中のまま転職の可能性を探るのが、一番良いのでは?

詳しいやり方、詳しい方法は「新入社員/新卒入社1年目の人のための転職活動のやり方」の記事で書いてます。

この方法が今のあなたにとって一番安全に、低リスクで、メンツを保ちつつ、そして今の苦しみから開放される、最も有効な方法だと断言できます。

[st-card id= label=” name=”]

私も入社1年目で会社をやめたい辞めたいと本気で悩んでた時は、在職中のまま転職活動を開始してみればよかったと本気で後悔してますし、あの時この方法を知っていればまた違った人生になってたと思います。

在職中のままだったら今の仕事に戻るっていう選択肢を残せるし、理想の転職先が見つかれば、その時どうするか決めればよかったし、どんな可能性があるかだけでも探っていれば、気持ちも随分楽になったのになぁと。

詳しい方法は先程の記事に記載してますが、転職エージェントに相談すれば今の状況からでも

  • 自分でも応募できる実際の求人はどういうものがあるか
  • 転職活動をするならどんな展望になるか
  • そもそも自分が転職すべきなのか
  • 第二新卒で応募するなら、自分にはどういう可能性がありそうか

こういった具体的な話が聞けたはずで、あんなに一人で全部抱え込んで苦しむ必要もなかったよなぁと。

今は親や友人、上司に相談してる人も多いと思いますが、納得行く前向きなアドバイスなんて貰えないでしょ?

それに今の苦しい毎日から開放される方法とか、根本的に今の辛い毎日を脱出する方法も見つかっていない訳で、だったら自分から動いて希望の光を見つけに行く方が、精神的には随分楽になれるよ、と。

どうしても辞めたい辞めたいという気持ちが消えなくて、でも辞める勇気もなくて、もう八方塞がりで絶望的な毎日を過ごしてるって人は、とりあえずこの記事を読んでみてください。

それで何とかしたい!って思うのなら、在職中のまま転職の可能性を探っていくことで、少なくとも今よりは前向きな気持が芽生えるはずなので。

[st-card id= label=” name=”]