職場のデスクで思い悩む女性

入社3年以内の第二新卒の転職、あるいは3年目以内の早期離職をした人はどうやってその決断をしたのでしょうか。

自分の人生を左右する重要事項なので、色んな人に相談して慎重に決めないといけないっていうイメージもありますが、実際には誰にも相談せずに転職や退職を決めている人が大勢います。

第二新卒では「本当は転職(あるいは退職)したいけど、会社を辞める勇気がない」という人が大勢いて、自分で決められないのでズルズルと続けてしまっている人も多いと思います。

しかし実際に転職や退職を経験している人は、「自分なりに熟考した上でのことことだから」と自分を信じて決断を下しているのが実情で、決して誰かの許可を得た上で決断をしている訳ではないのです。

 

入社1年目~第二新卒で会社を辞めた、転職した経験がある人は誰に相談したのか

25名の早期離職者へのインタビューと統計分析が掲載されている株式会社カイラボが発行している「早期離職白書 (NextPublishing)」という調査報告書には、早期離職や第二新卒での転職を経験した人が「辞めるにあたって誰かに相談をしましたか?」という質問が掲載されています。

その質問の返答内容を一人ひとりみていくと、彼らが事前に相談した相手は

  • 友人
  • 会社の同期
  • 転職エージェント
  • その他知人

などが見られる中で、意外にも多かったのが「誰にも相談していない」でした。

私も入社1年目の時は辞める勇気が出ず、誰かに背中を押してもらって、今の会社を辞めるという決断を誰かにを認めて(許可して)欲しいという気持ちも強かったです。

転職に関することってその後の人生を左右する事項でもあるので自分で決めることに自信がなかったのですが、でも結局は自分のことなので、自分でしっかり考えて最後は自分で決断するのが本来の姿だよなぁと思います。

今この記事を読んでる人の中にも「親が認めてくれない」と転職に踏み出せない人もいるかもしれませんが、何も親の許可がなければ転職も退職も出来ない訳じゃないってことをもう一度思い出す必要がありそうです。

 

親には決定事項として事後報告した人が結構いる

誰にも相談せずに退職や転職を決めた人は、自分の親に対して「決定事項としての報告」とか「事後報告」だった人が多く見られました。

入社3年以内の第二新卒の転職、あるいは早期離職は慎重になりやすいので親にも入念に相談する人が多のかと思いきや、意外にも自分で考えて退職や転職も自分で決めたという人が実際には多いのです。

その報告に対してほとんどは親も理解を示してくれたケースが多く、特に体調面で問題を抱えている場合は親が理解を示してくれたという人が多く見られました。

ただ、次の転職先も決まっていない状況で突発的に辞めたことに対し「辞めることは構わないが、いくらなんでも無計画すぎる」と咎められた人もいますので、自分で決断をする以上は最低限の計画性は持たなければいけません。

 

母親や父親が転職や退職を認めてくれないとき

実家で暮らしている人や、特に女性の方は母親からの支配が強いせいで、自分で転職や退職を決められないという人がいます。

本当は今の会社を辞めたいのだけど、親親の反対が目に見えている場合とか、親が絶対に許してくれない場合なんかはこの「事後報告作戦」は有効かもしれません。

本当は社会人である以上、自分の人生は自分で決めるべきなのですが、家庭の事情は人それぞれです。

どうしても親の理解を得られずに問題が複雑化する場合は、親以外の人に相談する方がよいでしょう。

さらに転職エージェントなどを使って満足行く転職先を見つけて転職が決まった状態で事後報告をするなり、多少強引な方法で乗り切ってしまうのが得策かもしれません。

 

相談をする場合は自分が信頼できる会社外の人にするのがベター

逆に「会社を辞めるにあたって誰かに相談した」という人のケースを見ていくと、

  1. 友人
  2. 会社外の知人
  3. 会社の同期
  4. 会社を辞めた先輩
  5. 転職エージェント
  6. 会社の上司

などが見られましたが、転職や退職に関する相談は会社の外にいる自分が信頼できる人にするのがやはりベターだろうと思います。

会社の中の人に相談をすると相談内容が漏れてしまったり、それが社内での自分の立場に影響したり、転職活動をしていることがバレて有給取得が難しくなったり、色々と弊害が出てくるからです。

今の仕事の不満や状況改善を図るための相談は上司にもすべきだと思いますが、転職の相談を上司にするのはオススメしません。

もし相談をするんであれば信頼できる会社の同期までにしておいて、込み入った相談は自分が信頼できる会社の外の人間にするのが良いと思います。

 

誰かの許可を得ない限り辞められない、転職できない訳じゃない

当たり前のことですが、転職や退職は自分で決めて良いのです。

親や家族からの許可を得られない限り転職できないルールなんてありませんし、社会人である以上は自分の人生をどうするかは自分で考えて、自分で判断して良いのです。

私は転職や退職を薦めている訳ではなくて、自分の判断で決めても良いという思考が抜け落ちている人に「そうじゃないぞ」と言いたいだけです。

確かに第二新卒のように入社から早い段階での退職・転職が勇気が伴うんですけど、「自分が熟考した上で導き出された決断なのであれば、誰がなんと言おうとそれが自分にとっての正解だ」って自信を持って良いんだってことに気付いて欲しいと思います。

実際に転職や退職を経験している人はそうやって行動を起こして、前の会社で働くのとは違うフェーズで人生を進めている訳ですから。

[st-card id=457 label=” name=”]

[st-card id=417 label=” name=”]