【新卒1年目の転職】あなたは残るべきか?それとも転職すべきか

新卒入社1年目、まだ新入社員だけど転職を考えている…

1年目の転職について考えている人の多くは、「自分は転職すべきかどうか」がわからず、事情に詳しい人に相談したい、誰かから率直にアドバイスして欲しいと考える人が非常に多いです。

1年目の転職はリスクも伴いますしデリケートな問題なので、誰かに相談しても満足の行く答えが得られにくいからです。

本音では1日でも早く転職して今の苦しい毎日から開放されたいと思っていても、理性では「やっぱり続けたほうがいいよなぁ」と葛藤が続く状態かと思います。

この記事では、こういった悩みを抱えて膠着状態に陥ってしまっている人に向けて、「今の会社を続けるか?それとも転職すべきか?」を判断するための考え方、判断材料の集め方についてご紹介していきます。

この記事を最後まで読んでもらえると、ただ耐えるだけの苦しい日々から、主体的に今の状況を動かしていこうという意欲が湧いてくるはずです。

ぜひ最後まで目を通してほしいと思います。

 

【新卒入社1年目】今の会社を続けるべきか?それともすぐに転職すべきか?

明確にどちらが良いという絶対的な正解はありませんが、「3年とは言わないから、せめて1年は頑張ったほうが良いよ」というのが模範解答です。

世間で言われるリスクも頷けるし、でも自分は毎日がとてもつらく耐えられそうにない。自分はどうすればいいのか?転職してもよいのか?

こういう時は誰かに相談して、気持ちを整理したいもの。しかし1年目の転職で難しいのって、誰かに相談しても自分が納得の行くアドバイスがなかなか貰えないことです。

 

新卒入社1年目の新入社員で「辞めたい、転職したい」と相談しても返ってくる答えは皆同じ

既に親や家族に弱音を漏らしたり、相談した人もいるでしょう。

でも相談相手返ってきた答えって、大抵は否定的なものだったはずです。

むしろ自分を苦しめるだけの全く望まない励ましの言葉がセットになっていたり、酷い場合は自分の気持が理解されずに腹立たしさすら感じる、無理解な叱咤が飛んできたことでしょう。

友人や知人に相談しようにも、やはり大抵は否定的な返答が多いと思いますし、1年経たずに転職なんて情けなくて恥ずかしいという気持ちもあって本音で話せないこともあると思います。

本当は自分の苦しい気持ちに共感してくれる誰かがいるだけで気持ちも軽くなるのですが、今はそれよりも今の苦しさから開放するための有効な手段が欲しいというのが、あなたの本音ではないかと思います。

 

新卒1年目で転職を考えているという質問がQ&Aサイトには溢れている

こういう事情もあってか、Yahoo知恵袋やOKWaveなどのQ&Aサイトには「入社1年目での転職」に関する相談が多く寄せられています。

転職を考えるに至った背景、理由は様々ですが、質問の内容は実はほとんど同じで、

自分は転職すべきなのかどうか、アドバイス・意見が欲しい

という内容の質問が大半です。そして転職を躊躇している理由も皆同じで、

1年目での転職は実際のところ、厳しいのか?

という切実なものです。

石の上にも3年という言葉から来ているのか、「せめて3年は働かないとダメか?」といった質問も多く見受けられますね。

きっとこの記事を読んでいる貴方も、「自分は一体どうすれば良いのか、自分は転職すべきなのかどうか」について、自分の苦しみに共感してもらいながら、有効な意見を述べて欲しい思っているはずです。

 

個別アドバイスがほしいなら、転職エージェントに相談するのが一番効果的だと思う

1年目の転職も選択肢として前向きに捉えた上で、誰かにアドバイスをもらいたければ、最適な相談相手となるのは転職エージェントです。

転職エージェントは転職をするかどうかまだ迷っている状態の人の相談にも乗ってくれますから、あなたが望んでいる「今の自分は転職すべきなのかどうか」の率直な意見を貰うことが出来ます。

 

転職エージェントとは?

知らない方のために説明しておくと、転職エージェントとは転職希望者に求人紹介と転職支援会社のこと。

登録すると対面か電話で担当者と面談を行い、貴方の希望に合わせた求人を紹介してくれ、さらに転職活動がうまくいくための各種サポートもしてくれます。

エージェントは転職が決まった時に転職先の会社から成功報酬を貰って利益を上げている会社なので、求職者の人は無料で使うことができます。

 

なぜ1年目の転職に悩む人が転職エージェントに相談すると良いのか

少なくとも転職エージェントは転職支援を行ってる会社なんで、「1年目だから」と言う理由だけで、最初から転職に否定的な立場を取ることはありません。

あなたの相談に対し、

  • 転職する
  • 今の仕事を続ける
  • 数カ月後に転職を目指して準備を始める

といった複数の選択肢を、

  • なぜ転職を希望するのか
  • 希望する業界や職種の求人状況はどうか
  • 経歴やスキル面における転職の展望

こういった様々な角度から一緒に検討して、「1年目の転職」に関して率直なアドバイスを貰うことが出来ます。

例えば具体的なアドバイスというと、

「あなたの今の話を聞く限り、辞めるのも選択肢だと思う。でも1年目の転職なので転職理由などをしっかり準備して第二新卒を狙えば、希望の転職が叶う可能性も充分ある」

「その理由ではもう少し様子を見た方が良い。せめて1年頑張って、それでも気持ちが変わらなければ転職活動を準備すれば良いと思う。そっちの方が応募できる求人の幅も広がるから」

「実際に希望条件に合う求人はこういうものがある。応募したいもの、したくないものを選別して、転職の可能性を探っていきましょう」

「今すぐに動き出しても良いけど、数ヶ月先により確実に転職を目指すのなら、面接でアピールできる業務経験や職務経験を、今の仕事でこういう風に増やしていきましょう」

といった、前向きで具体的なものがほとんどです。

自分一人で永遠と悩み続けて悶々としていても何も変わりませんが、こういう話を聞けばなにか打開策が見つかりそうだと思いませんか?

転職エージェントに相談すれば、今の苦しい毎日から抜け出すための道筋も見つけられるんじゃないかなぁと思います。

 

新卒1年目で転職活動を始める場合のやり方

エージェントにアドバイスを貰った結果、もし「やっぱりもう少し考えたい」となれば、そのことを担当者に後日伝えるなりしてエージェントの利用を一時ストップすればOK。ペナルティも金銭支払も発生しません。

逆に話を聞いてみて、本気で転職活動を進めてみようと思った場合は、そのまま転職エージェントからの求人紹介、転職サポートに従って進めていけばOKです。

具体的な「新卒1年目の転職活動のやり方」はこちらの記事でも紹介していますが、転職エージェントを利用すると

  • もし転職活動をするならどういう方針で進めるのか
  • どういう基準で転職先を探すか
  • 時分の市場価値的にどこまで希望が通りそうか

といった自分一人では抱えきれないことも、プロのサポートを受けて転職活動をすることが出来ます。

[st-card id=205 label=” name=”]

新卒1年目の転職は何かとリスクも伴いますので、無駄な失敗やリスクを避けて、効率的に転職先を見つけるためにも転職エージェントは使い倒しましょう。

そももも転職エージェントは無料で使えますし、若い人は転職市場でも価値が高いので担当者の人も丁寧に扱ってくれると思いますよ。