ノートと筆記用具と電卓

高卒で就職して1年目のうちから転職したい。

毎年、全国各地の多くの新社会人たちが仕事のことで思い悩み、1年目の早い段階から転職を考え始めます。

周囲の大人たちは「せめて3年」などと根拠のない無責任なアドバイスを送ってくるし、本人も苦しい毎日を抜け出す方法も見つけられないまま貴重な若い時代の時間を失い続けている状況でしょう。

私は入社1年目の転職について「きちんとした準備があれば、時としてOK」という考えを持っていて、この記事でもそういうスタンスで書いています。

この世の中には、実際に今のあなたと同じようなことに悩み、1年目で転職するという決断をしてきた人生の先輩たちが沢山いる訳です。

あなたが一人で多くのことを抱え込んで悩んでいるのなら、既に同じ状況で悩んできた人たちがどうやって自分の状況を打開してきたのかを知ることが、今のあなたにとっては最も有効だと思うので、ぜひこの記事を参考にしてほしいと思います。

 

多くの人が高卒1年目から退職・転職を考え始める背景

高卒1年目から退職、転職を考える理由って実はみんな同じなんですよね。

具体的に挙げると、

  • 給料
  • 仕事内容
  • 人間関係

大抵はこの3つに関する不満です。

どれか一つの場合もあるし、複数、もしくは全部に不満を持ってる人もいる。

特に高卒1年目の転職で多いのが給与、仕事内容かな。

あれだけ働いてコレだけ?とか、そもそもこの仕事に何の興味もないとか、18歳ぐらいで社会経験が未熟な状態だと、1回目で自分にピッタリあう職業を見つけるなんて至難の業です。

いずれにせよこういう不満が積もり積もって「今の会社には将来性が無い」と感じ初めて、就職を機に家を出た人は「地元に帰りたい」という目的を持って転職を考え始める人も多いですね。

 

あなたが高卒1年目で転職を考える本当の理由

あなたが転職を本気で考えている理由って何でしょうか?

仕事内容?給料?地元に帰りたい?色々ありますよね。

でも、あなたが本当に今の会社を辞めて別の仕事に転職したい理由をズバリ言い当てると、「今の会社で働き続けても、自分は絶対に幸せになれないことが分かってしまったから」ではありませんか?

高卒だろうが大卒だろうが、1年目の早い段階から転職を本気で考える人って「今の会社で働き続けても自分が望む将来がない、自分がなりたい自分には絶対なれない」ってことを察知してしまった人なんですよ。

そりゃあ表面上はあれや、これやともっともらしい理由を語るけど、結局ここだと思うんですよね。

今の会社で描ける自分の将来に魅力を感じないので、他の環境に移りたい

そりゃあ表面上は色々取ってつけたような理由を並び立てるけど、結局はこれが本音じゃないかと。

 

すぐに転職すべきか?それとももう少し我慢するべきか?

じゃあすぐに転職した方がいいのか?というと、多くの人がすぐに答えを出せません。

高卒1年目の離職率は平均18.84%です。大体毎年18~20%ぐらいなので、毎年10人中2人ぐらいは1年目で実際に仕事を辞めています。

3年目の離職率が40%なので、結局3年以内に遅かれ早かれみんな最初の職場を辞めてるんですよね。

じゃあ転職すればいいのかっていうと、現実問題1年目の転職って色んなリスクがあるし次を見つける上で難しいことも多い訳です。

だから「さすがに1年目だし、その後のことも考慮するとやっぱりもうちょっと頑張ったほうが良いのかぁ、でも今の会社で頑張ったって意味ないしなぁ」と悩み続けて、踏ん切りがつかなくなってしまう。

1年で辞めたっていう職歴は一生残ってしまうから、今の決断が将来大きく響く可能性を考えると、やっぱり躊躇してしまう。

親や上司、友人に相談したって有効なアドバイスは貰えないし、結局「辞めた方がいいのか、続けた方がいいのか」の結論を出せないまま、時間だけが過ぎていってしまいます。

これが多くの人が辿ってきた道です。

 

転職に関する個別のアドバイスをもらう方法

1年目の転職で悩んできた人はこういう状況からどうやって抜け出したのか?というと、やはり個別に相談に乗ってもらって自分の今の状況からどうすれば良さそうかに関するアドバイス誰かしらから貰っています。

でも相談するのは親や上司、友人ではありません。

彼らに相談しても専門知識もないので結局マトモな答えは得られませんから、相談するのは転職エージェントが最も有効だろうと思います。

転職エージェントは自社が保有してる求人の中から、その人に合った求人を紹介してくれる転職斡旋屋のことで、物件を紹介してくれる不動産屋の転職版みたいな会社です。

相談者は無料で使うことができ、転職するかどうかをまだ決めかねていない人でも使うことが出来ます。

この転職エージェントに登録すると対面か電話で面談をしてくれるので、そこで今の自分の状況を説明して、有効なアドバイスを貰うのが最善策だろうと思います。

具体的なやり方、方法は以下の記事でまとめてますが、転職をという選択肢を前向きに捉えた上で相談に乗ってくれるのはエージェント以外になく、多くの人がエージェントに助けを求めて状況を打破してきています。

エージェントと面談をするとどのようなメリットがあって、どういう変化があり、今の悩みがどう解決に向かっていくのかを以下の記事で詳細に取り上げているので、興味のある方はぜひ読み進めてみて下さい。

[st-card id=205 label=” name=”]