【新入社員】仕事ができない、覚えられない時の対処法

 

新しい仕事に就いたとき、はじめは慣れない仕事に戸惑うのは誰だって同じ。

新入社員であれ、自分は全く仕事ができない、覚えられない状況が続くと仕事に行くのが辛くなり、どんどん悪循環に陥ります。

今回はそういった事態にならないようための対処法について、他の人が新入社員時代にどのような考え方で工夫をしてきたのか、一緒に見ていきましょう。

 

入社1年目の「仕事ができない、覚えられない状況」から脱出するコツ

新入社員時代は仕事を覚えるのに時間がかかったり、覚えたと思った仕事でミスをすることは、程度の差はあれど、誰しも経験することです。

他の人と見比べて自分だけ仕事の覚えが遅いとか、自分だけできないとか、そういう悩みを持つのも皆同じ。私だってそうだったし、スムーズに新しい仕事を覚えていく人のほうがずっと少ないです。

ただし、そういう苦しい状況になってから、どう対処するかが肝心ですよ。

やみくもに仕事を続けていたのでは成果は上がらないし、放っておけば状況はさらに悪化するだけですから。

 

私が新入社員のときに実践して効果があった仕事を早く覚える方法

2冊の小さいノート
私が実際に使用していた2冊のノート

私が新しい仕事を早く覚える上で役立だったのは、その日のうちに仕事を復習してノートにまとめる原始的な方法です。まずメモ帳は2冊使い、1冊は現場でポイントを書き留めに、もう1冊はそれをまとめる用に使いました。

現場で取るメモは走り書きが基本になるので、後で見返した際に要点がわかりにくいのでその日のうちに別ノートに見やすい形にまとめ直して、翌日以降の仕事に活かします。

大事なのは、まとめ作業はできるだけその日のうちに行うこと。

記憶が新しいうちにまとめるほど、内容も正確です。次の日に持ち越すと記憶が薄れてしまうので、やはりその日のうちにやってしまう方がオススメです。

出来上がった復習ノートを夜寝る前、朝起きてすぐ、通勤電車で、実際の仕事をイメージしながら読み直してみると、私の経験上、記憶の定着率がさらに上がりますね。

 

覚えるのが目的ではなく、覚えたことを実践するのが目的

新入社員のころは仕事を覚えるのに必死ですが、肝心なのは覚えた知識を使って仕事をこなすことです。覚えるだけが目的ではありません。

書き留めたメモをまとめ、見直して、実務に活かす。そうすることで、学んだ情報を自分の中で生きた知識に落とし込むことができます。

新入社員時代はほぼ100%の人が仕事を覚える過程で苦労します。でも多くの人がこういう地道な努力をして、少しずつでも仕事を覚えようと取り組んで着方らこそ、仕事に慣れていくのです。

仕事を早く覚えたければ、原始的でもメモを取って、復習ノートを作って、見直しに活用しましょう。

 

周囲の目を気にして質問せず、余計にミスが増えると悪循環に陥ってしまうので要注意

新入社員の時って分からないことだらけだから、先輩や上司への質問を躊躇することってありますよね。

これってどうなのかな?っていう疑問が浮かんでも、「質問ばっかりしてたらウザがられるかな」とか「こんなこと聞いてもよいのかな」とか、「今忙しいかな」とか。

みんながみんな仕事を教えるのがうまい訳じゃないから、変な人の下で仕事を教えられるとすごく苦労します。

ただ私の経験上、少しでも不安があれば確認の意味でもやっぱり聞いたほうが良いです。その質問で仮に怒られたとしても、仕事で大きなミスをして周囲に迷惑をかけずに済ませることの方が大事だから。

知ったかぶりでその場をやり過ごすと後々痛い目をみることもあるし、ミスがミスを呼ぶ悪循環に陥ってしまうと、周囲の目や評価が気になって自信を失い、さらにミスが増えていく最悪のパターンにハマってしまうんですよ。

わかったフリを続けてると自分に対する信頼も失うし、結果として色んな人に迷惑をかけて、ミスが増えると仕事もまた増えてしまいます。

ミスばかりしていると「自分ってなんて仕事ができないんだろう」っていう極度の自信喪失状態になるので、質問をして怒られることも新入社員時代だけだと割り切り、悪循環にハマる前にうまく対処したいですね。

 

仕事を早く覚えるには、仕事に対するモチベーションが最重要

仕事を早く覚えるカギって、結局のところ仕事に対するモチベーションだと思っています。

嫌いな仕事や嫌な仕事だと誰だってやる気が出ないし、モチベーションが低い人はただ漫然と時を過ごすだけで、なかなか仕事も覚えられないですから。

お金でも仕事面でも、将来的なことでも何でもいいから、「目の前の仕事を頑張る自分なりの意味」を見出さないと、辛い仕事を乗り切ろうという意欲って出てこないですよね。別の頑張らなくてもいいやっていう状態になっちゃう。

私の経験上、仕事に対するモチベーションが低いと、そもそも仕事を覚えようという意欲すら持てない。

私は新卒で入った会社の仕事が自分に全く合わず、モチベーション0のひどい状況で、仕事をやめることしか考えてなかったから(笑)

そういう状況だとノートをとっても復習はしない、仕事も覚えられない、ミスを連発、そして周囲からの評価も下がるっていう悪循環です。

でも今の仕事に就いてからは、金銭的にも仕事内容でもすごくモチベーションが高いのでノートも取りまくるし、復習なんてしなくても覚えも早いし、新しい知識を身につけるのなんて楽しくて仕方がない。

同じ仕事でも、自分の気持ち次第で仕事の覚えの速さって全然違うんだなぁと実感します。

 

仕事に対するモチベーションを持てない人は転職も考えてみよう

仕事を覚えられないって悩んでいても、実はその仕事に対するモチベーションがないのが根本原因だったりします。

今の仕事でどれだけ頑張っても仕事を覚えられないとか、そもそも仕事を覚えたいと心の底から思えていないような仕事に就いてしまっているのなら、私のように思い切って転職してしまうのも一つだと思います。

人間、自分に合わない仕事を続けることほど不幸なことはないと思っていて、人生の中のかなりの時間を費やす仕事が苦痛なのは悲劇的なことです。

100%自分の希望を叶えることは出来なくても、せめて前向きなやる気とやりがい、仕事に対するモチベーションを持てるような仕事が見つかれば、今のしんどい苦痛な毎日からは開放されるかもしれない。

いきなり転職っていうのは極端だけど、まずは求人を眺めてみたり、今の仕事以外にも、この世の中にはたくさんの仕事と可能性があるということだけは覚えておくと良いと思いますね。

少なくとも私は、1年で新卒入社を退職し、別の仕事に就いた過去の決断を後悔したことはありません。